正社員の巫女の求人

職業:巫女

606views

imasia_13467032_M_R

 

正社員巫女の募集人数や時期

 正社員巫女の募集人数は神社の規模にもよるのですが、大きな神社の場合には毎年数十人となることもあります。定期的な募集の場合、求人が出る時期は7月~10月頃が多い傾向にあります。

 

 

正社員巫女の応募資格と年齢

 正社員巫女の応募資格には年齢や定年退職年齢、最終学歴の指定があるところが多いです。基本的には高校卒業者を採用し、18歳から23歳までの5年間奉仕の後に定年退職となることがほとんどです。また、大学卒業者を採用し、22歳から27歳までの5年間奉仕後に定年退職となる神社もあります。奉仕の期間が5年と決まっている形の他には、年齢で定年退職を区切る神社もあり、30歳で定年退職や27歳、25、23歳で定年退職と区切る場合もあります。

 

 このように退職時期を指定する神社は、比較的大きな神社が多いです。それは、定年退職する人数と求人募集するべき人数を明確に把握するためです。小さな神社では、一身上の都合で退職となる巫女が多いことから定年が定まっていない場合もあり、採用を出すタイミングも決まっていません。

 

 また、ほとんどの神社では結婚が決まった巫女は退職します。現代では、巫女は未婚の女性のみとの考えが主流だからです。

 

  • 応募資格として年齢や定年退職年齢、最終学歴を指定している神社がほとんど。

 

正社員巫女の試験と採用面接

 面接は1〜2回の場合が多く、筆記試験がある場合には常用漢字の読み書き、計算問題、性格やコミュニケーション能力を見るような問題が出題されます。また、パソコンの入力やエクセルが使えるかどうかを試験としている神社もあります。大抵は採用までのフローが決まっているため、募集要項や神社に問い合わせをして試験内容を確認しておきたいところです。

 

 また、面接では神社の知識について聞かれることはほとんどありません。なぜ巫女に興味をもったか、巫女のイメージはどのように感じているのか等の質問を受けるくらいです。そして、体力が必要な場面もあるけど大丈夫かという投げかけや、舞や琴など特殊な技術を習得しなければならないが、得意かどうかという話題についても聞かれる可能性があります。今までの経験で、ハードだった期間や習得した技術等を例に、巫女としてもやっていけるという気持ちを示すことが大切です。

 

  • 過去の経験から巫女としてやっていける気持ちを示そう。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する