ブライダル業界の巫女の求人

職業:巫女

74views

imasia_5897398_M_R

 

ブライダル業界の雇用形態と応募資格

 結婚式場を運営している会社などでも、巫女の採用をしています。神前式(挙式)での巫女奉仕のみとなり、奉仕場所はホテルなどの会場で式が滞りなく進むよう神職の補佐を行います。

 

 雇用形態はアルバイト採用がほとんどで挙式のある日が土日がメインとなるため、学生に人気があります。当然この業界ならではの閑散期があり、一般的に挙式が多い春と秋と比べてると、夏と冬は奉仕が極端に少なくなります。学生を採用することが多いですが、学生の長期休暇には仕事がないことも多いので、アルバイトでお金を稼ぎたい人は掛け持ちで別のアルバイトをすることが多い傾向にあります。

 

  • 採用は主に、土日アルバイトとしての雇用。

 

ブライダル業界の奉仕内容

 神前式での巫女の役割は主に3つに分類されます。

 

 一つ目は「舞」で、巫女舞で祝いの舞を奉奏します。一番華やかで参列者もみな巫女に注目する場面ですので、丁寧に集中して舞う必要があります。

 

 二つ目は「式次第(しきしだい)」を進めることです。三三九度の杯ではお神酒を注いで盃を新郎新婦へ渡したり、親族杯で親族にお神酒を注いだり、参拝の榊を渡す役目など、式次第のほとんどを巫女が補佐します。巫女が慌てたり急いだりしていると式は台無しになってしまいますので、緊張はしますが落ち着いた所作で式次第を進める必要があります。

 

 三つめは「典儀」という役目です。これは司会のような役割で、参拝者に式次第のアナウンスや作法の説明をします。ゆっくりと落ち着いた声で、尚且つ参列者全員によく聞こえる声で典儀します。式次第を見るカンペはありませんので、すべて暗記する必要があります。

 

  • 式を台無しにしないため、落ち着いた所作で3つの役割を進行する必要がある。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する