巫女の求人事情

職業:巫女

177views

imasia_13978994_M_R

 

ハローワークや求人サイトでの募集

 巫女の求人は主にハローワークでの募集が多いです。定期的に採用している場合もありますし、退職による人手不足で急募の場合もあり、募集の出る時期は様々です。予めハローワークの担当者に求人募集の理由や、募集が出る頻度などを聞いておきたいところです。

 

 また、あまりにも頻繁に求人を出している場合、採用されても退職者が多いことが考えられます。仕事が過酷であったり人間関係が不良であるなどの可能性がありますので、注意が必要です。

 

 最近では求人サイトへ募集掲載する神社も増えてきました。茶道や華道の習い事ができる職場環境など、華やかさをアピールした掲載ページに心惹かれる人が多くなってきています。実際には地道な作業や体力勝負の日常ですので、まずは仕事内容などの詳細をしっかり把握することが大切です。

 

  • 巫女の求人は主にハローワークでの募集が多い。

 

ホームページや神社内での張り紙告知による募集

 神社の掲示板等に張り紙で求人募集の告知がされている場合もあります。この手法では定期的に参拝している、信仰心のある人を採用したいという意向があります。ホームページでの求人募集の告知も同様に、普段から神社参拝をしたり、神社の情報収集をしている人に職員として来てほしいという意向です。

 

 大抵は「詳しくは神社社務所まで」のように出ていることが多いと思いますので、応募の前に問い合わせて不明点などを聞いておきたいところです。

 

  • 神内での張り紙告知の場合は、信仰心のある人を採用したいという意向もある。

 

電話で問い合わせ

 直接神社に電話をし、巫女の募集をしているか聞くのも一つの手です。毎年何十人もの巫女採用をしているような大きな神社ですと、電話をしてすぐに採用面接とはならないですが、毎年募集をかける時期や応募資格等を聞くことができます。

 

 中・小規模の神社の場合、退職者の予定があっても忙しさから募集をかけていなかったり、人手が足りないままでなんとかやっている神社もあります。このようなケースだと採用を検討してくれることが多いです。面接時にはご縁に感謝して、奉仕したいという気持ちを伝えると良い傾向にあります。

 

  • 中・小規模の神社の場合、採用を検討してくれる可能性も。

 

本記事は2015/11/19の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する