客室乗務員(CA)に求められるスキル・知識

職業:客室乗務員(CA)

635views

imasia_1537032_M

 

外資系航空会社で求められるスキル

 欧州系の客室乗務員は水泳の能力を求められます。海にディッチング(不時着)した場合、保安要員として搭乗している乗務員が泳ぐことがあるためです。スキルとして絶対に必要とされているのは、英語だけです。とある外資系航空会社の海外での募集広告には「必要なことは3つだけ。容姿端麗、ネイティブ並みの語学力、ドバイに住むこと」といったものもありました。日本での募集時は法律の観点からもう少しやわらかい表現になっています。

 

 実際に乗務をし始めてから必要とされるスキルは、仕事がない日に1人でもベースとなる外地に「住めること」です。同期全員が別のフライトに行っていても1人で過ごすことができる精神的なタフさが必要です。

 

  • 必須スキルは英語のみだが、海外に住むことになるので、1人でも問題なく生活ができるメンタルの強さが要る。

 

日系航空会社で求められるスキル

 常に笑顔でいられる自己管理能力と体力が必要です。体力測定と健康診断は退社するまで行われます。スポーツが得意であることや免疫力があることも能力の一つです。ひと昔前の広告には「1日眠れば元気になれる人」という条件が記載されていたこともあったほどです。

 

 応募時に必要な知識については、入社試験で一般教養試験がありますので、過去問題を解いて受験対策をしておきましょう。新聞を読んで時事問題にも備えておく必要があります。インターネットやテレビよりも、紙媒体の新聞の方が良いです。客室乗務員になるための塾や専門学校でノウハウを教えてもらうこともできます。面接での立ち振る舞いなどは、ウォーキングの練習をしたりマナー研修で習うことができますので、わざわざお茶や日本舞踊を習う必要はありません。

 

  • 自己管理能力と体力が求められる。スポーツが得意なことも高評価につながりやすい。

 

LCCで求められるスキル

 サービス業や外食産業での勤務経験があると有利です。収入以外の部分で客室乗務員に強い憧れを持ち続けること(とにかく飛行機が好きである、など)、身体を酷使されても元気な状態を保てる力が求められます。また、どのようなクレームでもお客様との会話としてすべてを楽しむことができる精神的な余裕も必要になります。

 

 乗務に必要な知識を事前に持っていると、面接時に有利になることもあります。例えば、飛行機が好きでインターネットなどで専門用語を研究してきた、と伝えることでも十分なアピールになります。

 

  • 身体も精神も酷使することになるので、それに耐えらえれる屈強さが求められる。

 

本記事は2015/11/19の情報で、内容は客室乗務員(CA)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する