助産師の採用先の分類

職業:助産師

168views

imasia_9771075_M

 

産婦人科病院で働く助産師

 産婦人科病院は、産婦人科のみを取り扱う病院で助産師が多く働いています。ほとんどが個人病院のため働く助産師が退職しなければ新しい採用はないので、病院規模の大きさや分娩数の多さや地域差などによって、いつも求人を出している病院とめったに求人が出ない病院とがあります。都市部の病院や分娩数が多い病院は求人を出していることが多いです。

 

 産科は夜間も忙しいので、夜勤ができる助産師は求人が多い傾向にあり、夜間専従の助産師も多く働いています。夜勤ができる場合は常勤、夜勤ができない場合は非常勤もしくはパート勤務になることもあるので確認が必要です。

 

  • 都市部や分娩数が多い病院、そして夜勤ができる助産師の求人は多い傾向にある。

 

総合病院の産科病棟と外来の助産師

 総合病院の産科病棟は求人を出していることが多いですが、助産師が充足しているときはNICUや他部署で働くケースもあります。

 

 また、分娩件数が少ない病院では産婦人科だけでなく、他科との混合病棟になっている場合も多いので、確認しておく必要があります。

 

 いずれにせよ、やりたいことが何なのかを明確にして、入職する前にどのような働き方になるのかを確認することが大切です。外来で働く助産師は、比較的子育て中で日勤パート勤務の助産師が多い傾向にあります。

 

  • 総合病院の産科病棟は求人を出していることが多い。

 

助産院で勤務する助産師

 助産院は小さな規模かつ個人でされているケースがほとんどなので、求人は少ないです。

 

 ハローワークや就職人材センターからの求人はありません。助産院のホームページで求人を募集しているか、助産師同士のつながりでお手伝いをお願いしている場合がほとんどです。

 

  • 助産院の求人は少ない現状。助産院のホームページを確認しておきたい。

 

地域で働く助産師

 地域で働く助産師の求人は地域から委託を受けるか、助産院や病院が独自に教室や出張訪問などを行っていることが多いです。訪問だけを行って生計を立てることが難しいので、助産院や病院で働くかたわら、地域から委託されて訪問にいく場合が多いです。

 

  • 地域の訪問だけで生計を立てることは難しい。

 

本記事は2015/11/17の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. ディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!人材業界での豊富な情報が強みのサイト

ページ上部へ移動する