助産師の仕事内容

職業:助産師

259views

imasia_14949329_M

 

助産師と看護師の大きな違い

 助産師と看護師の大きな違いは助産師は分娩介助を行うことです。生命が生まれる現場で働く助産師は大変ですが、やりがいがある仕事と言えます。

 

産婦人科病院で働く助産師

 産婦人科病院は主に外来、病棟、オペ室の3つの部署に別れています。

 

  • 外来

 外来では主に妊婦検診や婦人科などの外来業務と母乳外来や助産師外来、母親教室など助産師がメインとなっておこなう外来業務があります。 妊婦検診では医師の診察の補助だけでなく、妊婦への指導や心身のケアをおこない、正常妊娠が継続できるよう介入していきます。

 

 婦人科では、婦人科系疾患や更年期障害、不妊治療などで来院された患者の医師の診療の補助が主な仕事です。助産師外来では、正常な妊婦に対しての妊婦検診が主な業務となります。医師に代わって助産師が健診をおこなうので、かなりのスキルと経験が必要です。

 

 母乳外来では授乳指導や育児の悩みなど主に産後のお母さんと赤ちゃんへのケアを行います。 おっぱいのケアや育児相談は多岐にわたるので、助産師経験だけでなく、自身の育児経験や人生経験も役に立つ部署と言えます。

 

  • 病棟

 病棟では主に入院中の妊婦のケア、分娩介助、新生児・褥婦のケア、帝王切開や婦人科系の手術の術後ケアがあります。

 

 入院中の妊婦のケアは、リスクのある妊婦とさらに胎児の命も預かっているので、とても気を使うケアです。分娩介助は陣痛で入院してきた産婦が出産するまでのケアで助産師ならではのケアでやりがいがありますが、分娩進行は計画通りにはいかないのでかなり忙しく、しかも急性期なので体力を使います。

 

 新生児・褥婦のケアは母親への育児指導が中心です。短い期間で指導をおこなうので、伝え方やコミュニケーション能力が必要です。帝王切開や婦人科系の手術の術後ケアは、輸液ポンプの使い方やバルーンの手技など看護業務も必要になります。

 

 病棟勤務には夜勤があります。主に分娩介助をメインに入院中の患者のケアをおこないます。分娩数が多い病院では夜勤はかなり忙しいので、自分のやりたいことが何なのかを明確にして就職先を決めることが大切です。

 

  • オペ室

 産婦人科の単科病院では、帝王切開に対応している病院も多いです。その場合、帝王切開のオペ介助や流産や中絶手術の介助などをおこないます。オペ室看護師とほぼ同じです。

 

  • 部署で業務内容も変わってくるので、やりたいことが何なのかを明確にしておきたい。

 

総合病院の産科病棟と外来の助産師

 基本的な仕事内容は産科病院と同様になります。ですが、産婦人科病院は正常妊婦もしくは軽症のハイリスク妊婦を取り扱うのに対して、総合病院の産婦人科では、基礎疾患をもつハイリスク妊婦や胎児異常が見つかった妊婦、大量出血をおこした褥婦などリスクの高い患者が多いです。そのため、助産師の知識、経験だけでなく専門的な経験も積むことができます。

 

 また、総合病院の場合、オペ室と産婦人科病棟では部署が分かれているので、オペ室業務をおこなうことはありません。外来業務は産科病院と同様となります。

 

  • 総合病院の産婦人科はリスクの高い患者が多い為、専門的な経験も積むことができる。

 

助産院で勤務する助産師

 助産院で勤務する場合も大まかな仕事内容は産科病院と同じですが、助産院は正常な妊婦と正常な分娩しか取り扱いません。

 

 妊婦健診、分娩介助、ベビー・褥婦のケア、母乳外来など全ての業務を助産師の責任のもと行います。その為、正常、異常の判断をして、異常になった場合にいかに早く連携病院に転院、搬送させるかが大切な仕事となります。

 

 助産院で働く助産師は、病院などで十分経験を積んでから働くケースが多いです。

 

  • 全業務を助産師の責任で行う為、十分経験を積んでから働くケースが多い。

 

地域で働く助産師

 主に地域から委託を受けて、妊婦や産後の母親・赤ちゃんへの訪問、地域が開催する母親教室での指導、小学校や中学校への性教育などを行います。基本的に一人で現地に赴いてケアや指導をすることが多いので、経験や知識が必要になってきます。その為、病院などである程度経験を積んでから働くケースが多いです。

 

  • 一人で現地に赴いてケアや指導をする為、ある程度経験を積んでから働くことが多い。

 

本記事は2015/11/13の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. ディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!人材業界での豊富な情報が強みのサイト

ページ上部へ移動する