助産師の適性

職業:助産師

327views

imasia_13109238_M

 

助産師の向き不向き

 

  • 赤ちゃん、子ども好き

 産婦人科で対応するのは、妊婦と赤ちゃんなので、基本的に赤ちゃんや子どもが好きな人は、助産師に向いているといえます。反対に赤ちゃんの泣き声や子どもが苦手という人は助産師には不向きです。助産師はいつも子どもに愛情を注げる存在でなければいけません。

 

  • 相手のことを思いやれる

 助産師はいつも妊婦や赤ちゃんのことを思いやる気持ちを持って接しています。妊婦は妊娠という大きな出来事に心も体も大きく揺れ動きます。その心の動きをきちんとキャッチし、より良い妊娠生活を送れるよう援助しなければいけません。

 

 また、赤ちゃんは自分で気持ちや痛さを伝えることができません。助産師は、妊婦や赤ちゃんに思いやりを持って接することで、気持ちをきちんと読み取ることができなくてはいけません。

 

  • 何事にも動じない

 分娩はいつも正常というわけではありません。常に死と隣り合わせといえる急性期の現場です。その為、何があっても動じない気持ちを持てることが重要です。パニックになったり、何も考えられなくなったりしてしまっては勤まりません。 その為、落ち着いて行動できる人や落ち着いて行動しようと努力できる人が向いているといえます。

 

  • 分娩が好きな人

 分娩が好きなことは助産師になる最低条件です。分娩という出来事を産婦や家族と一緒に喜びあえる人、分娩に責任をもって取り組める人でなければ助産師にはなれません。分娩が怖いという気持ちを持ってしまうと、せっかく助産師の資格をとっても現場から離れる人が多いです。反対に分娩が好きという人はどんな形であれ、助産に関わり続けていることが多いです。 分娩に前向きな気持ちを持てることは、助産師になるために、助産師を続けていくために重要な要素といえます。

 

  • まず、分娩が好きということが助産師になる最低条件となる。

 

本記事は2015/11/19の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 助産師転職業界で人気なのはディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナースではたらこと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する