助産師の1日の仕事の流れ

職業:助産師

1025views

imasia_11926216_M

 

病棟の助産師の場合

  8:45 申し送り。

  9:00 産婦、褥婦、ベビーの検温。

10:00 診察が必要な人は診察、その補助。

     分娩進行者に対しては、それぞれの助産ケア、分娩になれば分娩介助。

     褥婦、ベビーに対しては母乳指導や育児指導をおこないます。

     オペ(帝王切開、流産処置など)があれば対応します。

12:00 昼食、休憩。
13:00 分娩進行者がいれば続けて対応、分娩になれば分娩介助。

     褥婦、ベビーに対してはそれぞれの個別援助。
15:00 午後の検温、診察、褥婦、ベビーに対して沐浴指導。
16:00 分娩進行者、褥婦、ベビーそれぞれ個別対応、申し送り準備。
17:00 夜勤帯へ申し送り、勤務終了。

 

 入院があればその都度対応します。分娩は多い日と少ない日があり、忙しさは日によって違います。分娩が多かったり、緊急帝王切開が続くと、とても忙しくなり残業がある日もあります。

 

  • 病棟の助産師は、入院や分娩の件数によって、忙しさが大きく変化する。

 

外来の助産師の場合

  8:45 患者受付スタート。
  9:00 診察開始、診察補助、妊婦への指導、NSTがある妊婦には順番に計測。
12:00 交代で休憩
13:00 午前の診察終了、午後の診察の準備、順次診察開始、診察の補助、妊婦への指導。
17:00 午後の診察終了、夜診の準備、整い次第夜診開始、日勤者は勤務終了。

 

 外来での主な仕事は、妊婦健診や婦人科の患者の診察補助と妊婦への指導です。妊婦健診で医師に指摘されたことや注意すべきことをカルテから拾い、患者が帰る前に指導を行います。妊婦が不安に思っていることや悩んでいることがあれば、それにも対応します。

 

 また、妊婦健診では、それぞれの週数に合わせてしなければいけないことがあるので(採血、NSTなど)それにも対応し、抜けていないかのチェックも大切な仕事です。

 

 外来での妊婦への対応は、正常な妊娠生活、正常な分娩にするためにとても重要になります。助産師は敏感に妊婦の想いや体調をくみ取り、よりよい妊娠生活を送ってもらえるようにしていきます。

 

  • 外来の助産師は、妊婦健診や妊婦への指導、婦人科の患者の診察補助を行っている。

 

本記事は2015/11/19の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. ディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!人材業界での豊富な情報が強みのサイト

ページ上部へ移動する