助産師の魅力とやりがい

職業:助産師

688views

imasia_1851097_M

 

いのちに関わり、サポートができる助産師

 

  • いのちの誕生に関われる

 助産師の魅力は何といっても「生命の誕生」に関われることです。医療職の中で、唯一おめでとうと言える環境なのです。いのちが誕生するときの感動や興奮は、立ち会ったことがある人しか味わえないとても神秘的なものです。また、この気持ちに慣れることはなく、いつも新鮮な気持ちでお産に向き合うことができます。

 

 産婦人科は特殊な雰囲気があり、家族の幸せが目で見て分かるくらいに感じる場所です。赤ちゃんが誕生した時の家族の幸せそうな顔を見ていると、いつも幸せをお裾分けしてもらった気持ちになります。そんな幸せがあふれる職場で働くことができるのも魅力です。

 

  • いのちの重さを実感できる

 妊娠期から分娩期の赤ちゃんの成長と誕生をみていると、いのちが誕生することの難しさを感じます。流産、中絶、死産に立ち会う中で、いのちの大切さを感じることもできます。そういったことから、いのちの重みを肌で感じる経験ができることも魅力といえます。

 

  • 妊婦と赤ちゃんのサポートができる

 助産師は健康な人をより健康にするという役割があります。外来に通う妊婦がより健康に妊娠期を過ごせるよう配慮と指導をおこなうことで、安全で妊婦にとっては満足なお産につながります。妊婦と胎児を守るサポートができるのはとてもやりがいのある仕事です。

 

 また、長い陣痛をサポートし、分娩を乗り越える縁の下の力になれるのもやりがいの一つです。助産師は妊婦の邪魔にならないよう、妊婦が家族と共にその人らしいお産ができるようサポートします。一方裏では異常に傾かないよう常にアセスメントし、異常があれば積極的に軌道修正していきます。お産のサポートは助産師の力量が試される時間ともいえ、とてもやりがいがあります。

 

  • 心のケア

 産後のケアにもとてもやりがいが感じられます。産後のママは気持ちが大きく揺れ動き、喜びだけでなく、不安や責任感の重さを感じてナイーブになりやすい時期です。そんなママの心のケアは助産師の重要な役割です。

 

 赤ちゃんのお世話の指導を行いながら心のケアも行うには、スキルだけでなくコミュニケーション能力もとても大切です。心が通ったときやママが笑顔を取り戻したときにはとてもやりがいを感じます。

 

  • 助産師の魅力とやりがいは、いのちに関わりサポートができること。

 

本記事は2015/11/18の情報で、内容は助産師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

助産師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!助産師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. ディップ運営の「ナースではたらこ」!求人件数の多さは業界トップ級!人材業界での豊富な情報が強みのサイト

ページ上部へ移動する