女性カーライフアドバイザー(自動車営業)の実情

職業:カーライフアドバイザー(自動車営業)

151views

imasia_12452843_M

 

女性カーライフアドバイザーの実情

 近年は女性のカーライフアドバイザーも増えてきています。女性のスタッフだとあまり警戒せずに話ができるというお客様も多く、販売台数も順調という女性カーライフアドバイザーが増えてきたので、会社側も積極的に女性を採用するようになってきています。しかし、男性のお客様が多い仕事ですから、女性であるがゆえに嫌な思いをすることも少なくありません。

 

お客様対応に関する悩み

  • 購入目的でない男性客

 例えば、クルマを買うつもりもないのに、女性スタッフ目的にショールームに通ってくるお客様がいます。カーライフアドバイザーはお茶出しやショールームのクルマの説明、試乗も仕事のうちですが、逆に言えばお客様はその間じゅう一人のスタッフを独り占めできるわけです。ショールームでお茶を飲みながらだらだらと世間話につき合わされ、ただ乗ってみたいというだけで試乗に同行し、結局販売には全くつながらずに数時間を無駄にするということもあります。

 

 うまく回避できればいいのですが、はじめのうちはお客様がどれだけ購買意欲があるのかも分かりませんし、試乗してみたいと言われれば断るわけにはいきません。あまりしつこいお客様や、危険だと判断されるような場合は支店長に相談して対応するスタッフを変わることもあります。

 

 また、稀ですが、女性カーライフアドバイザーに対して本気で好意を寄せてくるお客様もいらっしゃいます。ひっそりと告白だけで終わればまだいいのですが、「クルマを買うから」などと言ってくる方もいます。そういった事例は一人で解決しようとせず、できるだけ早い段階で上司や相談しやすい社員に相談し、話が大きくなってしまう前に対策を打つしかありません。

 

  • 偏見のある女性客

 また、女性のお客様で時々いらっしゃるのが、「クルマの販売は男の人がやる仕事でしょう」という考えの方です。こういったお客様は、女性カーライフアドバイザーが応対することで気分を害し、購買意欲が低下してしまいますから、早い段階で男性スタッフと代わらなければいけません。理不尽なことではありますが、様々なお客様がいることをよく理解して、支店で一台でも多くのクルマが売れるように最善の環境を整えることのほうが大切なのです。

 

  • 購入目的ではない男性客や、クルマ販売=男性の仕事と考える女性客など様々な方がいる。周囲に相談し協力を求めて、最善の策を講じることが必要。

 

女性にとっては過酷な仕事環境

 カーライフアドバイザーの仕事そのものが女性にとってかなりの負担になるというのも事実です。朝から晩まで、時には深夜まで仕事に追われ、過大なストレスを抱え、三食まともに摂れないことも多いので肌荒れや体の不調も出てきます。

 

 女性セールスの場合は、他の男性セールスと比べて目標台数が少なく与えられることが多いですが、それでも男性と同じ環境下で同じ仕事量をこなすというのは、元々女性の体にとっては酷なのです。社内で厳しい目で見られたとしても、「ここまでは仕事、ここからは自分の時間」としっかりと区切りをつけて、身も心も休ませる工夫をすることが大事です。

 

本記事は2015/11/12の情報で、内容はカーライフアドバイザー(自動車営業)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する