建築士のインテリア業界への転職

職業:建築士

139views

C

 

女性建築士に人気のインテリア業界

 建設業界や住宅業界では、インテリア関連の仕事に従事する建築士もいます。インテリア関連の業務は、特に女性に人気のある職種となっています。インテリア業務を行う人は、主に住宅メーカーや工務店、マンション販売会社などで働くケースが多く、これらの会社では建築士資格を持つ女性が活躍しています。

 

 インテリア関連の仕事では、インテリア設計・企画から製品の販売まで、幅広い業務に就くことがあります。また、住宅関連企業の他にも家具メーカー、販売会社などで活躍する人も見られます。インテリア業界の場合、センスや感性、インテリア全般の知識が必要であることから、建築設計などの業務とはやや異なるところがあるかもしれません。

 

 そのことから、この業務では、インテリアプランナーやインテリアコーディネーターの資格者も活躍も目立ちます。建築士は建築の知識を持つ専門家として住宅のインテリアだけでなく、大規模なインテリア空間づくりに役立つ職種として重宝されています。

 

住空間を高める専門家のニーズは高い

 良い建物や住宅は内部空間が充実しており、インテリアの良し悪しは内部空間に影響を与えています。建築物や住宅においてインテリアは非常に重要な要素と考えてよいでしょう。建築士の資格を持つ人の中には、インテリアに関心を持つ人がたくさんいます。

 

 このような建築士は、設計事務所で内装設計を担当したり、住宅メーカーや工務店においてインテリアを担当していることが多いようです。インテリアを担当する建築士の場合、インテリアの販売に従事するよりも、主にインテリア計画やインテリア設計を行なうことが主な業務となっています。

 

 これは、建築士資格を持つ人ができる業務と言ってよく、インテリア業界でも建築士のニーズは高まるようになっています。最近は、設計業界やマンション、住宅メーカーで設計を行なっていた建築士の転職も見られるようになっています。

 

 インテリアの仕事は、建築業界にある様々な職種の中で最も感性やデザイン力が求められています。そのことから、感性を活かした仕事に興味がある建築士がインテリア業界に転職を希望しているようです。

本記事は2015/10/30の情報で、内容は建築士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する