一級建築士の転職と求人

職業:建築士

337views

imasia_14419259_M_R

 

設計業界ではニーズの高い一級建築士

 一級建築士であればどのような大きさの建物でも設計や工事監理ができることから、実力に問題がなければ建物の規模や種類にこだわって仕事を選ぶ必要はありません。そのため、一級建築士の場合、転職においての選択肢が非常に多くなっています。

 

 一級建築士資格の取得には実務経験が必要になってくるので、実務経験がなくても受けられる二級建築士や木造建築士とは種類の異なる資格となっています。これが一級建築士の信頼を高めることになっているのですが、建築学科を出て実務のある建築士は実務に強いことから、設計や工事監理に従事する人が多くなっています。

 

一級建築士は転職の自由度が高い

 一級建築士の資格を持つ人は、設計業界に転職を希望する人が多く、実際の従事者においても設計や工事監理を行なう建築士が多くなっています。また、建設会社や住宅メーカーなどに勤めている一級建築士であれば、設計業務に就くことができる機会も増えます。このように、実務経験のある一級建築士資格保有者は、建築業界では広く求められています。

 

 たとえば、設計業界では、様々な種類や規模の建物を設計するために一級建築士の資格を必要としています。さらに最近、建築士法が改正されたことで新しくできた設備設計一級建築士や構造設計一級建築士の資格を得るためには一級建築士の資格が必要となりました。これらの専門家を必要とする設計業界では、一級建築士のニーズが高まるようになっていると言ってよいでしょう。

 

 建設業界においては、特定建設業として許可を受けるときや現場の責任者を選任する際に監理技術者を必要としています。そのことから、このような一定規模の業務を行う会社では、一級建築士の資格を持つ人を必要としています。

 

 他にも一級建築士を必要とする業界・会社は多く、一級建築士の転職においては比較的自由度が高いことが特徴となっています。

 

一級建築士の平均年収について

 一級建築士の資格では、設計、工事監理において制限なく規模の大きな建築物も扱えることから、二級建築士や木造建築士の資格とは違い、業界で重宝されている資格となっています。これは、設計事務所や建設会社、官公庁などでも同様とされていることから、一級建築士の年収については満足できるものとなっています。

 

 一級建築士の年収は、平均で600万円ほどとなっています。ただし、一級建築士の収入は、職種や職場によって若干異なり、たとえば、1,000人以上の社員がいる会社では年収は700万円以上となっています。しかし、社員が1,000人以下の会社では、500万円ほどとなっています。

 

 このように、一級建築士の場合では、勤める会社や業種によって収入が異なるようになることから、収入アップを望む一級建築士による転職が多くなっている傾向があります。

本記事は2015/10/27の情報で、内容は建築士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する