在宅勤務のWebデザイナーの求人

職業:Webデザイナー

153views

imasia_9338819_M_R

 

在宅勤務のWebデザイナーの求人とは

 Webデザイナーの在宅勤務の求人は一昔前に比べて格段に増えました。働き方が多様化し、転職サイトでも在宅勤務のWebデザイナーを募集する企業が増えています。雇用形態はアルバイトや契約社員が多いですが、家にいたい理由がある人には朗報です。在宅勤務の場合、企業と直接やり取りをすることになるので不必要な仲介手数料を取られることがないのもメリットです。

 

 在宅勤務の求人に応募するパターンとしては、Webデザイナーとして本格的に独立を目指す人が収入を得たり、人脈作りのために応募することもあります。元々正社員のWebデザイナーとして働いていた女性が結婚して在宅勤務を行うケースもありますし、男性が在宅の仕事で本格的な収入を求める場合もあります。Webデザイナーの在宅勤務の背景は様々です。自分の条件が合えば応募してみると良いです。

 

  • 働き方が多様化する中、在宅勤務もWebデザイナーの重要な働き方の一つ。

 

在宅のWebデザイナーの求人に応募するには

 在宅のWebデザイナーの募集対象は経験者が優遇されやすいですが、独学や学校などでWebデザインを学んだ実務未経験者でも応募できる可能性はあります。在宅勤務を希望する場合、必ず最低一度はその企業に面談を受けに行かなければなりません。企業と個人の直接のやり取りとなるので、対面で自分のWebデザインスキルや経験をしっかりアピールし、信頼を勝ち取らなければなりません。一方クラウドソーシングなどで1度きりの仕事を受注する場合、対面することはまずありません。ここが継続性のある在宅勤務との大きな違いです。

 

 もし在宅勤務を募集している企業が遠方にあり面談を受けに行けなさそうな場合は、諦める前に企業へ事情を説明してスカイプやフェイスタイムオーディオでの面談が可能か聞いてみましょう。断られることもありますが、案外快く面接に応じてくれる企業もあります。事前に自分の実力を示すポートフォリオを用意しておくことが重要となります。

 

  • 単発の場合を除き、1度は面接に行く必要があるが、Skypeなどで対応してもらえることも。実力を示せるポートフォリオをしっかり作っておく。

 

在宅勤務のWebデザイナーが注意すべき点

 在宅でWebデザインの仕事を行う場合、雇用形態や収入面の不安定さが大きな欠点となります。万が一、在宅勤務中に病気やケガなどで仕事ができなくなったら、収入がなくなると同時に仕事に穴をあけてしまう可能性もあります。締め切りに遅れてしまうと信用を失い、それ以降は仕事を回してもらえなくなるという最悪のパターンがあります。在宅勤務の場合は仕事を1本に絞らず、複数掛け持ちをした方が安定的な生活を送れます。

 

 また、仕事の依頼などはメールや電話が基本となり対面はわずかの可能性が高いので、コミュニケーション不足が生じたり、意志の疎通ができなかったりと対面での仕事では考えられないようなトラブルが生じることもあります。在宅勤務はセンスと向き不向きがあるので、まずは一度チャレンジしてみるのも良いです。

 

  • 在宅勤務は自由な時間と引き換えに、思わぬトラブル発生の確率も高く、雇用形態や収入も不安定。

 

本記事は2015/10/22の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する