女性が働きやすいWebデザイナーの求人

職業:Webデザイナー

138views

imasia_12094769_M

 

女性のWebデザイナーの活躍

 Webデザイナーという職種は女性がたくさん活躍しています。Web業界は若い世代が多く常に新しい発想や体制が求められるため、女性も活躍しやすく、自分次第でキャリアアップも目指すことができます。企業によっては産休や育休などを率先して取るようにしている場合もあるので最初に確認しておくと良いです。

 

 また、Web業界やIT業界などの社会保険はIT健保という保険に加入している場合がほとんどで、若い世代の加入者が多く年配者が少ないため、保養所や飲食店、テーマパークの割引などの福利厚生が手厚いのも女性にとって魅力の一つです。

 

 ただ、Web制作会社などクライアント優先で締め切りがどうしても重なってしまうような業種では、時間に追われることも多く、残業も少なくありません。Web制作会社で働いて活躍している女性はたくさんいますが、一歩間違えば自分の時間を全て会社に注ぐことにもなりかねないので、企業体制を見極めておく必要があります。

 

  • Webデザイナーは女性がやりがいを持って取り組める職業。

 

女性Webデザイナーが働きやすい環境とは

 Web制作会社は、女性が働きやすい環境づくりをしている企業もありますが、やはりものづくりの側面が強いため残業や拘束時間が長いといったハードな部分があります。しかし働きやすさとは何かと考えた時、男性と対等に意見し合えるというのは重要なことです。Web制作会社というのは性別に関係ない実力第一の世界なので、女性が管理職になるケースもたくさんあります。さらに、クライアントの中にはWebデザインを頼む時は男性よりも女性に頼むと決めている人も存在するので、女性が活躍できる場としては十分な方です。

 

 一方、広告代理店や企業内のWebデザイナーは少人数の場合が多く、女性が働きやすい環境を作ろうと努力している企業もありますが、Webデザイナーの担当が1人でそれ以上増やす予定がない場合は産休や育休を取るのが難しく、退職の選択肢しかない場合もあります。

 

 しかし、Webデザイナーという職種は企業方針ややり方次第で在宅勤務も可能になりやすいので、やる気次第では退職せずに、契約社員やアルバイトとして在宅勤務などで継続できることもあります。Webデザイナーを体験すると仕事の幅や働き方の方向性が広がるので、自分に適した働き方を思案してみると良いです。

 

  • 女性Webデザイナーが長く働くためには、自分にとっての「働きやすさ」が何かを考えることが重要。

 

本記事は2015/10/22の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する