経験者歓迎のWebデザイナーの求人

職業:Webデザイナー

51views

Businessman circling SEO

 

Webデザイナーは基本的に経験者歓迎

 Webデザイナーという職業は経験者が優遇される傾向が強いです。求人情報を見てもWebデザイナーやコーダーの実務経験を求めている場合が多く、経験者歓迎の記載が目立ちます。Webデザイナーは実力を付けるのに長い時間がかかり、Webデザインに関すること以外にもたくさんのことを覚えなければなりません。採用する企業も資金に余力がなければ、未経験者を雇い、高い金額を払って学ばせることはできません。そうなると未経験者より経験者の方が優遇されるのは理にかなっています。

 

 しかしWeb業界は業績が良い企業も多いので、そういった場合は未経験者でも雇用されることがあります。他のWebの企業を知らないまっさらな状態でその企業独自の制作方法やノウハウ、文化などを素直に吸収できることや年齢などがポイントになります。

 

  • Webデザイナーを育てるには時間もお金もかかるため、経験者が優遇されるのは必然的。

 

実務経験必須の業種

 実務経験必須を掲げて募集している企業も多く存在します。大手でも中小企業でもその会社の方針によるところが大きいですが、大手企業は応募者が多いため採用側も強気で、未経験者は応募資格すらないこともあります。

 

 また、中小企業内でのWebサイトの更新やバナー作成といった簡単な作業を行う求人でも、実務経験必須としている場合が多いです。経営の主軸がWebデザインではないため、少人数でWebデザインに関することをすべて引き受けなければならず、技術的な相談相手がいないために未経験者では務まらないという側面が大きいです。

 

  • 大手や企業内のWebデザイナーの募集は実務経験必須のケースが多い。

 

実務経験必須の求人に未経験者が応募する場合

 有名企業のWebデザイナーの場合は特に実務経験を必須とすることが多いですが、未経験者がそのような求人に応募したいと思った場合、結論からいえば応募するのはあくまで自由です。転職支援サイトに自分の履歴書や職務経歴書などを登録しておけば、希望の企業にすぐに応募できます。ポートフォリオが採用担当者の目に留まれば、第二関門である面接の連絡が来ることも考えられます。しかし履歴書で落とされることがほとんどなので、いちいち落胆しないことです。

 

 職業安定所や派遣会社などでは、仲介者が入る分応募資格が忠実に守られて、未経験者は実務経験必須の求人に応募できないとされています。しかしその場合でも諦めずに、仲介の担当者に確認してもらったり、自分で企業に直接確認することも有効な手段です。

 

本記事は2015/10/22の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する