建築士の年収相場

職業:建築士

557views

imasia_2690566_M

 

建築士の平均年収は600万円ほど

 建築士の平均年収は600万円程とされています。これは専門職としての特徴が表れているもので、月収では40万円ぐらいとなり、一般的には高めの部類に入ります。もちろん、建築士の職場は様々なので、職場によってばらつきはあります。高い収入を得ている人では、設計事務所や建設会社として開業している人がほとんどで、年収も1000万円を超えていることも多いようです。

 

 一方、小さな設計事務所や建設会社などでは、年収が400万程と平均年収よりも少ないという人も見られます。不動産業界の場合、会社の業務内容によって建築士の職務が異なりますが、大手の不動産会社の場合の年収は500万円以上も期待できるようです。デベロッパーなどでは開発や営業を担当するような職務であるなら、さらに高い収入が得られることが特徴となっています。

 

 また、建設業界では、建築士資格を保有している人が少ない職場や会社も多くあります。たとえば、工務店や建材メーカー、専門業者などの職場では建築士が重宝されています。この場合、高い収入が期待できます。

 

職種や会社規模により年収は異なる

 建築士は専門職なので、職種や会社の規模によって年収が異なるだけでなく、年齢や実務経験、実力によっても違ってくる傾向もあります。高いセンス・デザイン力が試されるような設計事務所では、実績やスキルといった個人の能力が重視されているので、実力さえあれば若くても高い収入が期待できます。有名建築家になると、勤務していても数千万円といった高い年収を得ることも可能です。

 

 また、現場監督の場合でも実務経験が長く、年齢が高いほど、責任ある業務が任されるようになるので収入がアップします。一般的に40代後半が収入のピークとなります。このように建築士の年収は、仕事の内容や職場、職種によって大きく異なることが一般的となっています。

本記事は2015/10/16の情報で、内容は建築士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する