Webデザイナーの求人事情

職業:Webデザイナー

91views

imasia_15708844_M

 

Webデザイナーの求人情報は豊富

 世界中からたくさんの人たちが訪問するWebサイトを作るWebデザイナーという職種は、様々な企業からたくさんの求人が出されています。しかし、どんなにたくさんのWebデザイナーが募集されていても、企業側も誰彼構わず採用しているわけではありません。当たり前ですが、会社が求めている実力にきちんと見合った人、会社のカラーに即した人が採用されています。

 

 また、特にWebデザインをしたくてWeb業界に憧れる人というのは数多く存在していますから、十分に戦略を練ってから就職活動をする必要があります。デザインの好みは千差万別です。レパートリーを増やし、自分の強みを見つけることが大切です。

 

  • Webデザイナーの求人は多いが、どんなに人手不足でも実力がなければ採用は難しい。

 

Webデザイナーの求人が豊富な理由

 ネット上の求人でも冊子の求人誌でもWebデザイナーという職種は数多く掲載されています。昨今はITに特化した専門の求人サイトや専門の派遣会社、IT専門の求人紹介会社まであります。この求人の多さに少し注意しなければならないのが、Web業界、IT業界はとにかく人の入れ替わりが激しいということです。

 

 もちろん最近ではWeb需要の拡大により、業績アップや業務拡大などで人員を増やそうと求人を出す企業もたくさんあります。しかし、その中で従業員が定着しないために求人を出し続けている会社もあるのが現実です。Webデザイナーには締切がつきものなので、終わらなければ深夜残業やサービス残業も当たり前な世界です。せっかく採用されても、早ければ2~3ヵ月、1年足らずで見切りをつけて辞めてしまう人も多いのです。

 

 また、3年務めてその後はどうするか悩んでいる人も多いです。自分は退職するまでこの業界にいたいのか、会社に将来性はあるのか、Web制作のノウハウを学び独立を目指したいのか、しっかりと人生設計を立てなくてはなりません。でなければ、大事な経歴に傷がついてしまう可能性もあります。

 

  • Webデザイナーは体力勝負のため、早々に辞めてしまう人も多い。自分の未来設計をしっかりと考ておく。

 

Webデザイナーの求人はどこまで拡大する?

 実は、Webデザイナーの求人に関わらず、Web業界やIT業界はすでに飽和状態を迎えているという見解もあります。あまりの激務のため、日本では技術者の人手不足が深刻化しています。そのため、以前から企業側も給料の高い日本人を正社員で雇うより、海外で安く請け負ってくれるWebデザイナーなどに目をつけ、ベトナムやインドといった安く請け負ってくれる国の人々へと外注する企業が増え続けています。

 

 現在、日本では数多くのWebデザイナーの求人が日々公開されていますが、こういった事情から、これから先はWebデザイナーの求人自体が減少したり、今よりもさらにアルバイトや派遣といった雇用形態が増加していくことが予想されています。今後のWeb業界やIT業界の動向をしっかりと見据えて、自分がより良い環境で働いていくにはどうすれば良いかを今のうちに考える必要があります。

 

  • 日本でのWeb業界の求人は減るという予測もある。Webデザイナーとして生き残りたいなら、Web業界の動向を世界規模で注視し、常にアンテナを張り続けることが必要。

 

本記事は2015/10/09の情報で、内容はWebデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する