議員秘書の転職と年齢

職業:議員秘書

565views

imasia_9026857_M

 

議員秘書の年齢

 議員秘書の年齢について、まず年齢制限ですが、公設秘書は国家公務員特別職に該当し定年があり、満65歳以上は採用できないと法律により定められています。一方、私設秘書には年齢制限はありません。

 

 次に、議員秘書に多い年齢ですが、これは様々です。当選回数の少ない若い議員が年上の人を秘書にすると必要以上に気を遣ってしまったり、年上の人を秘書として使うことは周りからの印象も良くないと考える人も多いため、若い議員の事務所には若い秘書が多いことは事実です。ただ、親が議員だった場合は、親の代からのベテラン秘書に引き続き秘書をお願いすることが多いのもまた事実です。

 

 新しく秘書として就職する人の年齢については、これも新しく当選した議員の年齢や議員本人の考え方によるため一概には言えません。20代で公設秘書を務める人もいれば、50代の人も多くいます。会社等を60歳で退職した後、私設秘書として議員の地元の事務所で働くこともあります。この場合は、地元の支援者や業界団体にある程度顔が利く等、人間関係が広い人が就くことが一般的です。

 

 ただ、そうした事務所内の体制は、議員本人が考え、決めることです。自分が選挙で当選し自分の目指す政治の実現のために、自分の事務所内をどういった布陣にするか、経験や能力、年齢、体力等様々なことを勘案した結果、事務所内のスタッフを全て50代にすることも考えられます。

 

  • 公設秘書は公務員のため定年があるが、私設秘書ならば年齢制限はない。議員本人の年齢や考えなど様々な条件を考慮して秘書を採用するため、年齢も様々。

 

興味があるなら若いうちに行動する

 議員秘書の年齢については、どの年齢層が良いか、秘書に適しているか等の判断基準はありません。ただ、政治の世界に興味があり、その世界で仕事をしていきたいと思うならば、一日でも早くその世界に飛び込むことです。20代から経験を積むことと40代から経験を重ねることとでは当然違いがあります。

 

本記事は2015/10/07の情報で、内容は議員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する