葬儀会社の仕事は激務?

業界:葬儀会社

500views

imasia_9980234_M

 

葬儀会社はブラックな職場?ホワイトな職場?

 転職をするにあたって、自分がこれから勤めようとしている業界は、いわゆる「ブラックかホワイトか」ということは、必ず考える必要があります。

 

 葬儀業界には、さまざまな噂があります。「完全なブラックだ」という声もあれば、「ホワイトな葬儀屋が多い」という声もあり、会社によって大きく違う、というのが実際のところでしょう。ブラック企業とホワイト企業を分ける一つのポイントが「仕事内容が激務かどうか」です。

 

基本的にハードな仕事は少ない。精神面の負担を考えて

 葬儀会社に勤めると腰痛になる、と言われていますが、葬儀屋の仕事自体はそれほどハードなものではありません。肉体的にきついわけではなく、当直や夜勤もシフト制のところが多いので、基本的には「激務」にはなりにくいでしょう。ただし、人手が足りていない職場などですと、当直後そのまま日勤、というシフトを組まれることもあります。

 

 葬儀屋の仕事が激務だ、と言われるのは、仕事内容のハードさよりもむしろ、精神面のつらさが問題になっている可能性があります。病死などの場合は、精神的な抵抗感は少なく、スタッフの方も穏やかな気持ちで見送ることができます。しかしながら、事故死や焼死、あるいは水死などですと、ご遺体の状態がかなり悪いことがあります。

 

 葬儀屋の仕事がどこからどこまでか、ということに関しては、会社ごとによって考え方の違いがあるでしょう。しかし、エンバーミング(ご遺体の消毒や修復、送り出すための装いを整えたりする仕事・または作業)をも行っている葬儀会社の場合、かなり精神的な負担が大きくなります。これらは、数としては多くありませんが、「いつまでも忘れられない」と答えるスタッフもおり、精神的な意味での「激務」にあたると考えられます。

本記事は2015/10/01の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する