ペット葬儀屋の求人について

業界:葬儀会社

828views

imasia_4295245_M

 

ペット葬儀屋と人間の葬儀屋の違いを知ろう

 「ペットは家族」という認識が広がるにつれ、ペットの葬儀を専門とした葬儀会社も増えてきました。もともとの理念が、「ペットは家族だから、人間と同じように送りたい」というものです。そのため、ペットの葬儀屋であっても人間の葬儀屋であっても、基本的には勤務形態はかわらない、とみるべきでしょう。「365日24時間対応」というところも人間の葬儀屋とかわらないため、「どの時間帯でも勤務できる」という人が尊ばれます。

 

 ただ、葬儀ディレクターなどの資格に関しては言及していないところが多く、経験はそれほど重要視されない傾向が強いと言えます。また、若干ではありますし会社や地域による違いもありますが、人間の葬儀屋に比べると収入面では少し劣るという特徴があります。加えて、「ペットの葬儀屋」と限定してしまうと、求人情報が極端に少なくなるというデメリットがあります。人間の葬儀に比べると求人情報数は50分の1程度と大きく落ち込むことも、頭に入れておかなければなりません。

 

ペット葬儀屋の求人情報に応募するその前に

 ある意味で、ペットの葬儀屋と人間の葬儀屋を比べたときにもっとも大きく違うのは、「スタッフの気持ち」だと言えます。ペットの葬儀屋に勤める場合、「遺された人間にとって、そのペットは本当に『家族』であったのだ」ということを強く意識しなければなりません。

 

 ペットの死に心を痛めはするけれど、人間の家族とは違う、という認識を持っている場合、遺族とのすれ違いが大きくなってしまいます。ペットに対する価値観というのは、故人に対する価値観以上に個人差が大きいため、同じような経験をし、同じように感じた人でなければ、勤め上げるのはなかなか難しいと言えます。

 

 ペットの葬儀屋は求人情報が少なく、収入面ではおとり、勤務形態は基本的には変わらない、というリスクがあります。これを乗り越えていくためには、人間の葬儀会社に勤めるとき以上に、本人の心構えが必要になってきます。

本記事は2015/09/30の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する