葬祭ディレクターの求人について

業界:葬儀会社

360views

Mourning People at Funeral with coffin

 

「葬儀ディレクター求人」の持つ二つの意味に注意!

 「葬儀ディレクターの求人」という言葉には、2通りの意味があります。1つは、「葬儀ディレクターとしての資格(1級もしくは2級)を持っている人に限る」という求人です。そしてもう1つは、「将来的に葬儀ディレクターになれる人材を募集している、もしくは葬儀に関わる仕事全般を便宜上、葬儀ディレクターという名称で呼んでいる」というものです。

 

 1つ目は、既に葬儀業界で経験(最低2年以上)がある人に焦点を当てているのに対し、2つ目は事実上未体験者でも構わない、という違いがあります。この点に関しては、求人に応募をする前にしっかりと押さえておく必要があります。

 

葬祭ディレクターの資格は転職に有利か?

 葬儀会社によっては、「既に完成されてしまっている葬儀ディレクターよりも、自社の社風ややり方にあった方法で教育できる未体験者の方がよい」と考えるところもあります。伸びしろがあり、業界を知らないが故に教育もしやすく、変な癖がない、という考え方です。

 

 しかし、やはり葬儀ディレクターの資格を持っていた方が転職には有利です。特に、設立したばかりの会社や、社内の葬儀ディレクターの数が足りない会社の場合は、「葬儀ディレクターの資格持ち」というのはかなり優遇される傾向にあります。葬儀ディレクターの資格を持っている場合、転職先でも年収500万円程度と、比較的収入がよいケースが多く、経済的な面でも不安を感じないでしょう。

 

 冠婚葬祭は、すたれることのない業界です。そのため、葬儀ディレクターの資格を持っていれば転職先には困らないでしょう。「地元で働きたい」という場合でも、地元の同業他社が求人をかけていることも多く、場合によっては、直接引き抜かれるケースもあります。もしあなたが、既に葬儀業界への転職を考えているのなら、転職前に葬儀ディレクターの資格を取っておくことを強くお勧めします。

本記事は2015/09/30の情報で、内容は葬儀会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する