40代の都市銀行(メガバンク)の転職動向

業界:都市銀行(メガバンク)

320views

imasia_16552013_M_R

 

40代の都市銀行の転職動向は? 

 40代の都市銀行の転職動向は、20代や30代と比べると活発ではありません。というのも、都市銀行で40代というと、中堅クラスを超えて部署内での副部長クラスになってくるからです。副部長クラスというのは能力が非常に高いので、それはとても良いことなのですが、その分その社員を雇うのにとても高い人件費が発生します。しかも、40代というのは都市銀行の場合もはや定年に近いため、本当に能力が高い人しか転職できません。

 

 ちなみに、都市銀行の実質の定年というのは、50歳前後になります。そのくらいの年齢を過ぎると、都市銀行内で役員になる人たち以外は、ほとんどが都市銀行のグループ会社やお客様の会社の経理部長などに出向という形をとります。そのため、能力面では非常にニーズが高い年齢層であるものの、よほど特殊な能力やスキルを持っていて銀行側がそれを欲していない限り、そこまで40代を積極的に採用していないというのが現状です。

 

  • 都市銀行の実質的な定年は50歳前後のため、定年間近の40代は、よほどのスキルがなければ転職は困難。

 

40代の採用職種

 40代で採用される職種は、ほぼ本部セクション(専門職)のみです。前述の通り、40代は都市銀行というと定年に限りなく近い年齢のため、本当に採用するメリットがある人でなければ、まず採用には至りません。

 

 ではどのような人が採用されるのかというと、例えば他の銀行でずっと専門職をしていて金融業界内でとても有名になった人や、その能力やスキルを次の世代に教えたり、その部署の即戦力となって数年でもいいから働いて欲しいと都市銀行側が思う人が採用されます。

 

 このような人であれば、引く手数多ということで、様々な同業界から直接、あるいはヘッドハンターから連絡が来て、転職先の都市銀行で高年収を提示されることが多いです。その専門の道を極めた人は、金融業界ではとても貴重な存在になりますので、水面下ですが、都市銀行同士で取り合うことも多々あります。

 

  • 40代で採用されるのはほぼ専門職のみ、しかもかなり限られた人しか転職できない。

 

40代の転職者に求められる人物像

 40代の転職者に求められる人物像というのは、20代や30代に求められるものとは全く異なります。もちろん、20代、30代に求められる水準を兼ね備えていることは必要ですが、その基本的な人物像が重視されることはありません。

 

 40代の採用職種は本部セクションの専門職であり、その部署、その都市銀行内での地位はとても高いものになります。人見知りでは困りますが、最高レベルの専門スキルを保有していれば、例えば特殊で個性的だと周囲から思われるような人物であっても、採用される可能性は高くなります。求められる人物像としては、自らの保有しているスキルを惜しむことなく出し切り、また、次の世代にそのスキルをしっかりと伝えて、都市銀行の業績や経験に最大限に貢献できる人物が求められます。

 

  • 専門スキルを極めており、それを最大限に活用して銀行に貢献できる、次世代に能力を伝えることができる人物が求められる。

 

本記事は2015/09/28の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する