都市銀行(メガバンク)の転職と離職率

業界:都市銀行(メガバンク)

642views

imasia_8246028_M_R

 

都市銀行の離職率は高い?

 都市銀行といえばノルマがあって激務というイメージが強く、離職率も非常に高いと思われがちです。もちろん他の企業に比べると未だに高いかもしれませんが、ひと昔前と比べると、離職率は低下しています。というのも、一昔前の銀行は朝から夜中まで働いて、帰宅できずにそのまま会社や車の中に泊まって出勤し、土日も関係なく働くというのが横行していましたが、現在はそのような状況は改善されています。

 

 専門部門以外は土日出勤することなど滅多にありませんし、残業もある程度時間を決められているので、会社に泊まるなどということもありません。ノルマはもちろんありますし、上下関係もとても厳しい風土ですが、多くの人がイメージする昔の都市銀行とは全く異なります。

 

  • 残業や休日出勤を伴う激務のため離職率も高いというのはひと昔前のこと。ノルマこそあるが、最近では勤務時間や休日は大幅に改善されている。

 

離職率が高い職種

 都市銀行の職種別の離職率でいうと、総合職が圧倒的に高いです。地域総合職や一般職は女性の割合が高いためか、上司との関係が良い職場がとても多いです。総合職は、女性も増えてきているとはいえ未だに男性社会なので、上司から怒られる時はとても激しい場合も多々あり、それに耐えきれず辞めていく人も非常に多いというのが現状です。

 

 また、総合職は転勤職であるため、働きやすい福利厚生は整ってきているものの、女性は結婚などによって離職する人も多い職種です。今後の業務環境の更なる改善に期待です。

 

  • 職種別で見ると総合職の離職率が最も高い。男性社会ゆえの激しい叱責に耐えられなかったり、全国転勤を伴うため結婚退職する女性が多いのが現状。

 

本記事は2015/09/18の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する