都市銀行(メガバンク)の転職と資格

業界:都市銀行(メガバンク)

821views

imasia_2250325_M_R

 

金融・会計関連の資格

  • 公認会計士/税理士

 金融・会計関連の資格を転職時に持っていると、とても印象が良くなります。例えば公認会計士や税理士は、試験の難易度はとても高いですが、取得していると都市銀行の転職には非常に有利になります。それだけ会計知識が高いとみなされますので、経験値にもよりますが、即戦力として転職することができます。

 

  • 簿記

 次に持っていると有利な資格が簿記です。公認会計士や税理士よりは取得しやすく、金融・会計関連の資格の入門資格として幅広く知られています。簿記3級は都市銀行にとって当たり前の水準です。簿記2級から少し難しくなりますが、2級くらいは取っておくと印象が良くなります。

 

  • 証券外務員一種・二種/銀行業務試験

 銀行内で取得が必須になるのが、証券外務員一種・二種です。この試験は、都市銀行に入って運用商品などをお客様に販売する際に、絶対に必要になる資格ですので、予め取得しておいて損はありません。簿記が会計系の資格であるのに対して、証券外務員は金融系の資格です。ただし、取得していなくても転職後に銀行内で試験を受けることができますので、転職前に必要最低限というものではありません。

 

 また、銀行業務試験という資格もありますが、こちらも入行後に取得することが多いため、転職前には必要ありませんが、取っておくに越したことはありません。銀行業務試験の種類はたくさんありますので、転職前に勉強しておくと、入行後の勉強がより楽になることは間違いないです。

 

  • ファイナンシャルプランナー

 銀行に入る前に取得する人が多いのが、ファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは個人の資産状況を把握し、その人のライフプランを一緒に考えたりするエキスパートなので、銀行の法人業務、個人業務共に活かせる資格なのです。これは総合職よりも地域総合職の人が取得する資格として有名です。

 

  • 転職前に取っておいた方が良いものは?

 金融・会計関連の資格は他にも色々ありますが、特に有名なものを挙げて説明しました。全てを取得する必要はありませんし、全ての資格を持っている人はあまりいません。あえて選ぶとすれば、入門編といえる簿記や証券外務員一種・二種くらいを取得しておけば転職時には少し有利になるかもしれませんし、他の資格よりは簡単に取ることができます。

 

  • 金融・会計関連の入門的位置づけである簿記、証券外務員一種・二種は比較的取りやすく、持っていれば転職時に多少有利になる可能性も。

 

語学分野の資格

  • 英語(TOEIC・英検)

 語学分野の資格は、転職時に絶対に聞かれる項目の1つです。語学分野というと、やはり英語が必須になります。都市銀行は現在どんどんグローバル化を実施しており、海外派遣用の人材を非常に求めていますので、TOEICの点数は1つの基準になります。海外駐在員にならなくても、TOEICの点数は高ければ高いほど転職には大きなメリットとなります。

 

 日本の会社員のTOEIC平均点は550点程度ですが、都市銀行では800点以上を目指そうという動きが目立ってきているのが現実です。銀行に入ってからもTOEICのテストは受け続けなければなりませんので、前もって高得点を取っておくと良いです。800点には届かなくとも、今まで受けたことがないとデメリットになりかねませんので、実力試しに受けておきましょう。また、英検であれば準1級以上を取得しておくと良いです。

 

  • 中国語(新HSK)

 英語の他に受験しているとメリットが高いのは、中国語です。中国語の資格テストで一番有名なものは、新HSKです。最高で6級までありますが、5級以上なら好印象につながります。現在、中国に進出している日系企業がとても多い中、中国への派遣職員が必要になってきている現状があります。中国でのビジネスは難しいと耳にすることがありますが、それでも日系企業の進出はまだまだ止まることがないため、都市銀行は中国国内で支店を増やしています。英語の資格がそこそこ取れている場合は、中国語の勉強も検討してみると良いです。

 

 その他、タイ語やスペイン語などの語学に興味がある人も多いですが、今のところ都市銀行に求められている語学としては、まずは英語、その次に中国語です。

 

  • 一番はやはり英語で、TOEICの点数は高ければ高いほど有利。未受験ならば一度受けておくと良い。英語の次に中国語のスキルも重宝される。

 

金融・語学系以外の資格

 金融・会計関係、語学以外にも、取得しておくと有利な資格はたくさんあります。

 

  • 中小企業診断士

 この資格を取得していると非常に好感を持たれます。その名の通り中小企業を診断する資格なのですが、都市銀行のお客様の9割程度は、実は中小企業なのです。そのため、中小企業の経営のあり方などを予め勉強しているという意気込みを見せることができます。

 

  • 宅地建物取引士(宅建士)

 銀行は、お客様に資金を貸し出す際に、信用を取るために土地や財産を担保に取ることが多々あります。その際、宅建士の知識があれば、とてもスムーズに不動産のやり取りを理解することができますので、時間に余裕があれば取得しておくと良いです。ただし、取得するのに時間がかかるため、習得期間などは前もってチェックしておくべきです。

 

  • 都市銀行の顧客の大半が中小企業であること、資金の貸し出し時に土地や財産を担保にすることなどから、中小企業診断士、宅地建物取引士を持っていると好印象。

 

自己研鑽に励む姿勢をアピールすることが大事

 これらの資格は、銀行内で取得できる研修制度なども充実していますので、全て転職時に取得しておかなければならないというものではありません。ただ、取得していればもちろん非常に有利になりますので、履歴書に書く資格が全くない場合はいずれかの試験を受けておくと良いです。

 

 また、面接時に、現在○○の資格試験の勉強中であると伝えることも1つのアピールの仕方ですので、全てに合格しておかなければ好印象にならないというわけではありません。習得している資格というのは、もちろん自分のスキルを示すことができるものですが、都市銀行では、どれだけ自己研鑽をしているかということも非常に重要なので、その部分を含めてしっかりと自己アピールできるようにしておくことが必要です。

 

本記事は2015/09/17の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する