都市銀行(メガバンク)の地域総合職/一般職の仕事内容

業界:都市銀行(メガバンク)

819views

imasia_15770284_M

 

地域総合職の仕事内容

 地域総合職は、総合職の法人営業とは違い、リテール部門(個人部門)となります。一般の個人のお客様から富裕層まで、個人の預金や資産運用のアドバイザーとして、お客様の相談に乗ることが仕事になります。

 

 法人営業のお客様が会社の経営者や経営部門の担当者であるのに対して、地域総合職のお客様は一般の方ばかりですので、簡単に分かりやすく、丁寧にお客様に伝えることができる、高いコミュニケーション能力を持った人が必要とされます。個人のお客様の資産状況をきっちりと把握した上で、それぞれのお客様の状況に応じて的確なアドバイスする必要があります。

 

 また、法人営業の担当者の紹介で、総合職の営業担当と共に法人営業担当者先のお客様の会社に赴き、個人の資産運用や住宅ローンなどのセミナーをすることもあります。既存のお客様だけではなく、新規訪問をしながら営業をすることも多々ありますので、気合いと勇気、根気が要る仕事になります。

 

  • 地域総合職の顧客は法人ではなく個人。一般のお客様に預金や資産運用のアドバイスをするため、物事を分かりやすく説明するスキルが求められる。

 

一般職の仕事内容

 一般職はいわゆる事務職という位置づけです。主に銀行でよく見かけるのが窓口の職員ですが、その人たちが一般職になります。預金口座開設やお客様の預金の出し入れ、振込や出金業務、海外送金などが主な仕事内容です。

 

 窓口に立つだけではなく、お客様の持ち込んだ書類を正確に処理することが非常に重要な任務になります。もし何か失敗すると、お金が絡むことですので大惨事になることもあります。真面目に仕事が遂行できる人にしか向いていない業務です。また、窓口業務は銀行の顔とも呼ばれているので、身だしなみや丁寧な応対を常に心がける必要があります。

 

 そして、一般職は、窓口業務だけではありません。法人営業部や本部セクションの総合職のアシスタントをしているのも一般職になります。仕事内容については、部署によって業務範囲が異なりますが、パソコンの入力業務や、会議の準備、お客様の応対など、アシスタント業務のほぼ全般をこなす必要があります。

 

 最近では、一般職の研修を増やし、法人営業担当者が持ち帰ってきたお客様の会社の決算書をパソコンに入力して分析する作業など、少しでも多く総合職の業務をこなせるようにする動きも顕著になってきており、一般職の仕事内容が増えてきています。一昔前までは、一般職は単純な事務作業のみという認識がありましたが、現在では法人営業部には欠かせない存在になっています。

 

  • 口座開設や預金の出し入れ、振込などの窓口業務のほか、総合職のアシスタントを行うことも。最近では法人営業の補助業務を行うことも増え、一般職の仕事の幅が広がりつつある。

 

本記事は2015/09/17の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する