都市銀行(メガバンク)の採用職種の分類

業界:都市銀行(メガバンク)

455views

imasia_13963011_M_R

 

都市銀行の採用職種は主に3つ

 都市銀行の採用職種は、主に3つに分かれます。全国転勤を伴う総合職、地域内の転勤を伴う地域総合職、ほとんど転勤を伴わない一般職です。それぞれの職種について説明します。

 

  • 総合職

 日本全国の転勤、海外の転勤を伴う職種です。営業店での法人営業か、本部セクションの専門部署に分かれます。本部セクションには、投資銀行業務、市場調査業務、システム開発業務、国際業務など、多岐に渡った職種があります。希望職種や希望勤務地を言うこともできますが、希望が叶わないことも多々あります。総合職の年収は、勤続年数や営業成績に比例してどんどん高くなります。中途採用の人は、職種や経験値によって年収が決まります。

 

  • 地域総合職

 地域内での転勤を伴う職種です。主に、個人営業です。住宅ローンや投資信託などを取り扱います。お客様は、一般の方から富裕層までいます。総合職のお客様(企業)の社長や従業員を紹介してもらい、会社まで営業に行くこともあります。総合職より給料は低く、総合職の年収のおよそ7~8程度になります。全国転勤はしたくないけれど、比較的給料の高い営業をしたいという人が多いです。

 

  • 一般職

 ほとんど転職を伴わない職種です。一般の方が銀行を利用する際に銀行の顔となっているのが銀行の窓口ですが、それがこの職種です。また、銀行の窓口だけではなく、総合職や地域総合職を支えるサポート業務を行うのも一般職の仕事になります。いわゆるアシスタント業務です。

 

  • 全国・海外転勤を伴う総合職、地域内の転勤に留まり個人営業を主に担当する地域総合職、転勤はほぼ無く窓口やアシスタント業務を行う一般職の3つに分けられる。

 

本記事は2015/09/16の情報で、内容は都市銀行(メガバンク)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する