化粧品メーカーの生産管理の求人

業界:化粧品メーカー

82views

imasia_12834780_M

 

化粧品メーカーの生産管理の求人

  • 化粧品メーカーの生産管理の業務

 厚労省で許可する化粧品にかかわる業態には製造業と製造販売業の2種類がありますが、製造業か製造販売業かによって生産管理の業務は異なります。製造業は工場を持ち実際に製品の製造を行う企業ですが、製造販売業は販売を行える企業であり、実際に工場で製造を行う企業ではありません。もちろん製造業と製造販売業の双方の許認可をもつ企業もありますが企業数としては製造販売業が圧倒的に多いです。

 

 工場で製品を製造する製造業の生産管理は、資材や材料の発注から、生産スケジュールの管理から製品を実際に目の前にして行う業務が多いのに比べ、製造販売業の生産管理は、自社工場、もしくはOEM企業が製品を製造するにあたり、製品在庫を管理し売り逃しの無いように工場などへ働きかけるのです。資材など製造販売業の企業から手配をかけOEM企業に投入することもありますが価格面での取り決めだけを行い、その後のスケジュール調整をOEM企業に行ってもらう方法を取るところもあります。

 

 どちらにしても生産管理は製造スケジュールを調整したり、工場の製造に支障がないように、資材の手配や購買を行うことが重要な業務になります。

 

  • どんな人が向いているの?

 化粧品以外の製造業には生産管理が必ず必要です。大きな企業では生産管理の中で購買など、その業務を分ける場合もありますが、商品数がよほど多くなければ一貫して生産管理を一つととらえて行います。資材など、特に容器は製造まで時間が掛かるものです。時期によっては半年ということもあって、商品の売れていくスピードの読みがスケジュール管理の決め手になります。

 

 もちろん思いのほか商品が売れてしまって製造が間に合わないときには、資材メーカーに交渉して納期を縮めてもらわなくてはなりません。日ごろの資材メーカーとの信頼関係や、交渉強さが必要となるときです。生産管理は時には強い交渉力がなくてはならないのです。

 

  • 大企業と中小企業の違い

 大きな企業の場合は生産管理向けのソフトウェアも備えていますが、中小の場合はそこまで準備していない場合も多く、製品在庫の管理や、資材発注の一連、資材数の管理など、エクセル程度で管理をしています。大きな企業で生産管理用のシステムに慣れてると、中小での手作業での管理は大変かもしれません。面接のときに、どんなシステムがあるのか確認をしておく方が賢明でしょう。

 

本記事は2015/09/15の情報で、内容は化粧品メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する