化粧品メーカーの処方開発の求人

業界:化粧品メーカー

144views

白衣の男性シリーズ

 

化粧品メーカーの処方開発の求人

  • 取り扱い製品の種類によって

 化粧品の製品に関してはざっとヘアケア、ボディケア、(ファイシャル)スキンケア、フレグランスなどに分けることができます。それぞれ処方ベースが異なることもあり、大手メーカーでは担当を分けている場合も多いです。処方ベースに関しては、よほどオリジナル性が高くなければ基礎は同じなので、添加剤の種類の違いくらいで、処方の心得があれば、他企業に移っても技術的な難しさは少ないでしょう。

 

 また、自社だけでなく、OEMを行う企業の場合は、他企業からの依頼を受けて処方開発を行うので、柔軟な対応力も求められます。場合によっては委託企業とのやり取りなども発生するため、コミュニケーションスキルも必要になります。

 

  • どんな人が向いているの?

 昨今の化粧品業界シェア争いの激化で、企業は即戦力を必要とします。自分の持ちレシピなどあると実績がアピールポイントになります。経験者であればある程度の知識を習得しているでしょうし、基本的には化学記号にも触れることが多いのでその分野に本心で興味がある人が適します。

 

 処方決定は1度や2度の試作で決まるとは限らないため、社内と、または依頼主の企業の担当とのやり取りを円滑に行え、処方内容をまとめていけるよう、コミュニケーション力も必要です。処方開発の担当というと、ガチガチの研究者肌をイメージしそうですが、昇格をしていく人は交渉も上手な人が多いです。処方に必要とする原料で原価も決まるので、原料の仕入れの際、原料メーカーと価格の折衝もせねばなりませんのである程度の交渉力も必要です。

 

  • 定着率・離職率について

 処方はもちろん紙面上にも表せるものですが、温度の調整、原料の投下タイミングなど、研究者のコツも大きく左右するため、良い処方を生み出す人材を外に逃がしてしまうのは企業にとって大きな損失です。そういう意味で高待遇の傾向もありますし、処方開発者の転職は化粧品メーカーの業界内では少ない部署と言えるでしょう。

 

 ただ、ここのところOEMなどの企業で、処方開発などの現場の人間を、委託先への営業に出す場合も多くなっています。委託先のニーズを自分で吸い上げ処方開発や製品開発に活かすようにという意図なのでしょう。内勤務だけと思っていたら、営業に出された、という経験を持つ人も多く見かけます。会社側は育てようとして行うことなので、それが転職のきっかけになることはあまりなく、定着率の良い部署と言えるでしょう。仮に営業に回されてもその場合は一定の経験後元の部署に戻されるようです。

 

本記事は2015/09/15の情報で、内容は化粧品メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する