化粧品メーカーの年収相場

業界:化粧品メーカー

409views

imasia_15995801_M

 

化粧品メーカーの仕事別の年収は?

  • 販売にかかわる職種の年収について

 百貨店などでもよく見かけてイメージがわきやすい美容部員や販売員は契約社員としての募集が多くなります。勤務時間や日数によっても異なりますが、休日は土曜日や日祝日はスタッフで交代で休みを取ることになります。年収としては年収300万から350万といったところが相場でしょう。昇給は個人の売上によって見込める場合もあります。店長クラスになれば350万~500万まで期待できることもあるでしょうが、そうでない場合は350万くらいまででしょう。

 

 販売企画や営業は会社の売り上げを担う部署であり、特に通販などにとっては企画によって売れるか売れないかの分け目になり、手腕が問われる部署です(この場合の営業は、百貨店や量販店への卸し販売を行う会社の営業で、訪問販売のような個人への販売営業とは異なります)。募集の際は良い待遇でかけている場合も多いですが、成績が出せないと居続けること自体が辛くなる場合もありますので経験と自信は必要です。おおよその年収相場としては、450万~500万でしょう。こちらは正社員が多いです。

 

  • 販売関連以外の部署の年収について

 製品の研究開発の部署に関しては、他社からの転職でヒット商品の業績を上げた経歴を持つ人間であれば500万~700万ほどになることもあります。化粧品の製品のレシピは、文字で表せないさじ加減もあり、個人の能力に左右されますので経験、実績によっては比較的待遇は良いです。

 

 品質管理、薬事担当に関しては、企業の重視の度合いで待遇も差が出やすい部署です。販売関連、製造関連と異なり、売上に直接関わらない部署でもあるためです。しかしながら経験はある程度必要であり、法令上の資格者である総括責任者に関しては機密事項に関わることが多いため、企業によっては役員レベルの待遇になることもあります。品質管理、薬事担当の年収相場は、450万から700万程度です。

 

 

企業規模によっての年収の差は?

 化粧品メーカーは他業種からの参入が比較的しやすく、企業の規模もかなり幅広いものとなっています。大手の他業種からの参入メーカーや個人レベルまでいろいろです。大企業ほど待遇の差が職種によるというより、企業規定による部分が大きく出ますが、中小企業はその会社の主な販路の違い(通販か、店販か、卸しなど)によって重んじる部署に違いがあり、職種による待遇が変化しやすいといえます。

 

 企業による年収の差は転職ステーションのサイトの中で化粧品メーカーのページをみれば全社員平均が出ています。これは1つの化粧品メーカーの全て職種を含めた社員全体の平均になりますが上場企業で有価証券報告書が見れる企業に関しては掲載がされていますので一つの参考値になるでしょう。

 

本記事は2015/09/15の情報で、内容は化粧品メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する