地方銀行の福利厚生・休暇

業界:地方銀行

171views

imasia_182460_M

 

地方銀行の福利厚生・休暇の取りやすさは?

  • 福利厚生は基本的に充実

 地方銀行の福利厚生は充実している場合が多いです。社宅、寮はもちろんのこと、財形預金や保養施設などがある銀行もあります。手当も家族手当、住宅手当など色々とあります。銀行によって多少差はありますが、恵まれていないと感じてしまうようなレベルのものではありません。

 

  • 休暇は比較的取りやすい

 以前は妊娠出産の場合は辞めることが多かった女性行員ですが、近年では女性の管理職も増えており、その影響からか産休、育休を経て復帰するという人がとても多いです。時短業務などの制度も充実している地方銀行が多く、女性にとっても働きやすい職場になっています。

 

 また、銀行員は都市銀行、地方銀行を問わずに、前期・後期に連続休暇を取ります。不正をしていないかというチェックのためです。時折忙しいからと出社している行員もいるようですが、これはルール違反です。このようなこともきちんと本部などが監督して、職員に休暇を取らせているのです。

 

  • 福利厚生は充実しているところがほとんど。最近では産休育休や時短勤務制度も整っており、女性が働きやすい職場作りが進んでいる。

 

福利厚生に関する注意点

 注意点を挙げるとすれば、社宅などがとても古い場合があるということです。地方銀行の場合、基本的には同県内の転勤がほとんどで、転居しなくてもいいことが多いです。そのため転居を伴う転勤の場合、家族がいる人は単身で社宅や寮に入るケースが多いのですが、その社宅や寮はとても古く、中々建て替えに至っていないという場合が多いです。

 

 特に地方、その中でも過疎化が進んだ地域などの場合、以前はそれなりに人がいて潤っていたなどの理由で社宅があり、そこに入るように言われることがあります。しかし、とても古かったために実費で他の部屋を借りた、ということもよくあります。

 

本記事は2015/09/14の情報で、内容は地方銀行での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する