40代の総合電機メーカーの転職例

業界:総合電機メーカー

48views

外資系メーカーのエンジニアから総合電機メーカーの商品開発へ(40歳 男性 東京都在住)

 

男性(40代)

 大学院を修了し、外資系メーカーに就職。UI(ユーザーインターフェース)の設計に携わりました。使いやすさや面白さをユーザーに提供するというUX(ユーザーエクスペリエンス)の考えが重要視されるようになってくると、UXの観点から新しいデバイスとサービスモデルの開発も手掛けるようになりました。12年間、こちらの外資系メーカーに勤務していましたが、所属していた開発部門が廃止されることになりました。転職先を探すことになり、これまでのキャリアが活かせるポジションを探していたところ総合電機メーカーの新製品の開発に携わる人材を募集していることを知りました。新製品を開発するにあたりUIは重要な要素ですので、自分の積んできたキャリアが活かせると思い、転職を決意。

 

 入社後は新製品の開発チームに所属。新しいコンセプトの製品で、UIについて担当することになりました。新製品にゼロから携われる機会はめったいないものですし、総合電機メーカーだからこその経験だと思っています。まずはこの製品のUIを形にすることが大きな目標です。

 

医療機器メーカーの法人営業から総合電機メーカーのメディカルマーケティングへ(40歳 男性 東京都在住)

 

男性(40代)

 新卒で医療機器メーカーに就職。5年間、システムの運用・保守を担当し、その後、法人向けの営業を担当するようになりました。業界は堅実で安定的な成長をしていましたが、10年以上の勤務を経て、少し物足りなさを感じるようになっていました。自分の成長やキャリアアップのためにも、新しい環境を探したいと思っていたところ、医療・ヘルスケアは総合電機メーカーでも力を入れていることを知りました。高齢化の進行で医療業界への注目は高まっていますが、総合電機メーカーであれば、これまでの経験を活かしながらも、全く新しい視点でのマーケティングのチャンスがあるのではないかと転職を決意。

 

 入社後はメディカルの新規ビジネスを推進する部署に配属。新たなマーケットを開拓し、その具体化、事業化に挑んでいきます。

 

通信事業のエンジニアから総合電機メーカーのプロジェクトマネージャーへ(41歳 男性 神奈川県在住)

 

男性(40代)

 新卒で通信事業会社へ就職。そこでは通信ネットワークの運用保守を担当しました。経験を積むにつれてシステム設備そのものの設計を手掛けたいという思いになり、6年で退職。その分野で実績のある大手メーカーへ転職しました。転職先ではシステムエンジニアの業務を10年間担当。次第にエンジニアとしてだけでなく、大きなプロジェクトを自分で動かしてみたいという思いが強くなり、転職を決意。総合電機メーカーに決めたのは、大規模なプロジェクトを扱っていて、世界でも屈指の存在だったからです。

 

 入社後は世界各国の通信事業者を顧客としたシステムの案件に携わり、プロジェクトマネージャーとしてまとめ役を担っています。

 

本記事は2015/09/14の情報で、内容は総合電機メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する