地方銀行のボーナス

業界:地方銀行

305views

imasia_11688349_M

 

収益や地域差がボーナスに大きく影響

 一般企業と同様、利益が多く出ている時はボーナスもたくさん出ます。ボーナスの程度で見ると、中小企業の上の方といったところです。銀行員はたくさんボーナスをもらっていると思われがちですが、実はシビアなことが多いです。地方銀行は優良企業、安定企業、高給取りというようなイメージを持たれることがありますが、収益や地域によって大きな差があり、単純に全てがそれに当てはまるものではありません。

 

  • 収益による差

 収益性で考えれば、地方銀行の中でもトップの銀行と下位の銀行では規模が全く違いますので、それに伴い収益力も当然差が出ます。よってボーナスにも大きな差が出てしまうのが現状です。赤字でもボーナスが出る場合もありますが、その際はかなりの少額です。出るだけ良いという意見もありますが、リーマンショックの時はボーナス無し、あっても数万円程度の地方銀行も多く、収益力の低い第二地方銀行は特にその影響を大きく受け、最近までボーナスが無いところもありました。

 

  • 地域差

 また、給与水準が違えば、ボーナスの金額も変わってきます。これは地域によってかなりの差があります。規模的なものもそうですが、人がたくさんいて、地域が活性化しているようなところは、収益力も高く、給与やボーナスも高い傾向があります。その反面、人口の減少などで厳しい局面にいる地方銀行はボーナスも低めと考えておくべきです。

 

  • 収益は当然ボーナスに反映される。また地域の人口や活性具合によっても差が出る。

 

正社員以外にも支給する場合も

 パートや契約社員などの非正規雇用の社員にもボーナスを出す地方銀行もあります。ただ残念ながらボーナスといっても一律いくらという程度で、高額ではありません。しかし、都市銀行などでは契約社員やパート職員にボーナスを出すことはほとんどないので、その点では恵まれているという考え方もできます。

 

本記事は2015/09/14の情報で、内容は地方銀行での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する