40代の地方銀行の転職例

業界:地方銀行

278views

保険会社から地方銀行へ (42歳 静岡県在住)

 

男性(40代)

 金融機関で保険商品を販売するためのサポートをする仕事をしていました。各地の銀行へ、販売してもらう商品の説明や販売サポートをしなければならないためとても出張の多い仕事で、体調を壊してしまい、出張の少ない地方銀行に転職しました。

 

 配属されたのは預かり資産商品販売の戦略を練る部署で、知識やそれまでの経験からチームリーダーを任されました。保険会社で培ってきた販売スキルや知識を駆使し、銀行の利益が上がるように頑張っています。

 

通信会社のSEから地方銀行のシステム管理部へ (47歳 岩手県在住)

 

男性(40代)

 通信会社のSEとして長年勤めてきましたが、親の介護をしなければならなくなり、地元へ戻ることになりました。地元には関連企業はあったものの、仕事内容はかなり異なるということで、地方銀行のシステムを管理する部署に専門職として転職しました。

 

 当然システムなどの違いは多く大変な点もありますが、ミスをすれば銀行業務への支障が出てしまいますので責任は重大です。そのプレッシャーと使命感を持って毎日業務にあたっています。

 

都市銀行から地方銀行の経営戦略部へ(48歳 広島県在住)

 

男性(40代)

 海外も含めて、たくさん転勤をしてきました。家族とも離れてしまうことが多く、いつの頃からか転職を考えるようになりました。しかし、都市銀行では管理職まで昇進していたので、中々タイミングが取れず、また良い転職先も見つからずあきらめかけていました。

 

 ところが、偶然地元の地方銀行に勤務している友人に、営業戦略を考える部署の管理職の求人が出ていると紹介してもらいました。当然地元の銀行ですので、利用したことも愛着もありましたので、すぐに飛びつきました。

 

 現在は推進部というところで営業方針やスタイル、戦略を考える部署で管理職として働いています。同じ銀行ですが、やることは全然違い戸惑いも多いですが、家族と一緒に暮らしていけるという点だけでもやる気が湧いてきますので、頑張っています。

 

本記事は2015/09/11の情報で、内容は地方銀行での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する