テレビ局と制作会社の格差

業界:テレビ局

1513views

imasia_530607_M

 

制作会社って何?

 テレビ局で働いている人、例えば、AD(アシスタントディレクター)やディレクター、プロデューサー、記者、カメラマン・・・、様々な職種がありますが、全員がテレビ局の正社員ではありません。各テレビ局には下請け制作会社が何百とあります。テレビ局子会社のグループ企業もありますが、多くは、独立系企業で、10人以下の小さなものから数十人かかえる大きな会社まで数多く存在しています。

 

 テレビ局で放送されているほとんどの番組は制作会社が作った映像です。テレビ局の社員が作っている場合もありますが、ほとんどは下請けの制作会社が作ったものをテレビ局が買っているというのが実態です。一つの番組でプロデューサーだけがテレビ局社員で、その下で動いている人は、全員が制作会社社員ということは珍しくありません。

 

  • テレビで放送されているほとんどのコンテンツはテレビ制作会社が作ったもの。

 

年収に大きな違い

 AD(アシスタントディレクター)と呼ばれる、番組制作の中で、一番下で主に雑務をこなす新人がする仕事があります。テレビ局社員の20代の1~2年目や制作会社の20代がなるケースがほとんどです。業務は同じです。働く場所も同じです。しかし、テレビ局社員のADは年収500万円台、一方、制作会社のADは200万円~300万円の年収しかもらえないというケースもあります。テレビ局社員であれば、30代で1000万円を超えることが可能なのに、制作会社では、どれだけ上にのぼりつめても1000万円を超えることはほとんどないというのが現状です。

 

 テレビ局社員では中途採用が数年に一度、若干名ある程度なのに、制作会社では、毎年何件も求人が出るのは、こうした労働条件の悪さに、入社した20代の若者が半分はやめてしまうからです。テレビ業界で制作会社は離職率が高いことで有名です。

 

  • テレビ局と制作会社は待遇面で大きな差がある。離職率も制作会社の方が圧倒的に高い。

 

制作会社の過酷な現状

 CMの広告収入が減るなど、本体のテレビ局も苦しい懐事情の中で、番組制作費は日々削られています。それをもろにかぶっているのが制作会社社員です。

 

 一般的には、取材は、ディレクター、カメラマン、音声の3人チームが基本です。ときには、タレントなどを使ってグルメレポートを撮影することもあります。しかし、番組制作費が削られる中、まず始めに、コストカットされるのは、やはり人件費です。3人で取材に行っていたのでは割に合いません。ディレクターがカメラを持ち取材に行くのは、今や当たり前になっていますし、最近、ディレクターが画面に登場する番組作りが流行っていますが、そもそもはレポーターの人件費カットから来ているとも言われています。限られた取材費の中で、しかも1人何役もこなし1本のVTRを仕上げる作業は、想像を絶する過酷さであることは言うまでもありません。

 

 テレビ局の採用で内定をもらえず、しかしテレビの番組制作に対する思いを捨てきれず、また実際に番組を作っているのは制作会社の社員だという実態から、制作会社への入社を希望する人は数多くいます。しかし入社してみると、指揮を執るのはテレビ局社員、自分の思いを込めたVTRを作ることができるのはまれで、年下のテレビ局社員プロデューサーにダメ出しをくらい、おまけに給料の格差はひどい、こんなはずじゃなかった、と夢を諦める人も少なくないのです。しかし何役もの実務をこなす制作会社の社員は、将来の厳しいテレビ業界の中で“使える人材”として期待されているのも事実です。

 

  • テレビ業界全体が不況の中で制作会社は予算面など厳しい現状は否めないが、仕事ができるテレビマンが制作会社から輩出されていくというのも事実。

 

本記事は2015/09/07の情報で、内容はテレビ局での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する