テレビ局の転職と志望動機

業界:テレビ局

1189views

imasia_6566444_M_R

 

転職面接の志望動機で何を語るか?

  • いかにテレビが好きかを語る

 まず大前提として「自分がどれだけテレビが好きか」を伝えているということです。テレビ局に就職したいと思ったきっかけがニュース番組の人もいれば、バラエティの人もいるでしょうから、それを忠実に伝えましょう。例えば、こんな一例もあります。

 

「TBSテレビのご長寿番組“世界ふしぎ発見”。小さいころから大好きでずっと見ていたこの番組に登場する、ミステリーハンターのように、世界中をかけめぐり、世界のおもしろいことを発見し調べて皆に伝えたい!と思った。しかし、その仕事をよく調べてみたらミステリーハンターはタレントで、実際にいろいろ調べて番組を作っているのはディレクターの人だとわかった。でも自分の言葉で画面で伝えたいと欲張ったらそれができるのはニュースの報道記者と分かった。」

 

 などというように、大好きなテレビ番組に対する思いや、目指したいという思いが芽生えたきっかけなど、熱く語れるものがないと内定を勝ち取るのは難しいです。まずはこれが大前提になります。

 

  • 将来のテレビ像への想いを語る

 志望動機の中に含めたいのが、将来のテレビ像、つまりデジタル化への自分の思いと考え方です。デジタル化に伴い、テレビ局は多様なコンテンツ作りが求められていますし、それが今後のテレビ業界の生死を分けるとも言われています。テレビ局の上層部は、その生き残りをかけたデジタル化について、強い番組企画力と発想力を持っている人を求めています。自分なりの考えを持って、こんな番組が今後のテレビに必要だということを面接でアピールできれば手ごたえをつかめるでしょう。

 

  • 中途採用の人はプラスアルファを

 紹介した上記2点は、新卒の人でも、必ず志望動機に入れなければならないことですが、中途採用の人は、「これに加えてこれまでの社会人生活で培ったもの」「前の会社をやめてまでなぜ転職したいか」を入れ込まないといけません。そうでなければこれまでの社会人生活で何をしてきたの?前の会社をやめてまでなぜ?と突っ込まれて面接は終了してしまいます。ここが新卒の人たちとは大きく違う点です。

 

 前の会社では、どのように仕事をしてきたのかを含めながら、“人とは違う”自分の人となりを説明することが大切です。他の業界で就職したものの夢をあきらめきれず再挑戦という人も、社会人生活の中であることをきっかけにテレビに対する思いが芽生えた人も、そこは必ず忘れずにアピールしましょう。また、前の会社がテレビ局だった人は特に、そのテレビ局ではなぜやりたいことができないのか?なぜ新たに違う職場をさがすのかを中心にアピールしましょう。

 

本記事は2015/09/03の情報で、内容はテレビ局での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する