不動産ファンドの財務の求人

業界:不動産ファンド、不動産投資・再生業界

92views

imasia_10604867_M

 

不動産ファンドの財務の求人

  • 不動産ファンドの財務とは

 不動産は取引金額も大きく、不動産ファンドが対象不動産を取得する際には、金融機関からの借入を行う等、何らかの資金調達が必要です。社債を発行する事もあります。財務は、不動産取得の為の資金調達を金融機関との間の窓口になって交渉を行い実行する担当です。

 

 一口に資金調達と言っても借入もあれば社債による等、方法の違いがあります。どのような方法が良いのか、あるいはミックスが良いのか、ミックスする場合どのような比率が良いのか等、検討する事はたくさんあります。また、どれぐらいの年限(期間)で調達するのか、という点も重要です。金利の市場環境によって、または金融機関によって、有利な年限が異なるからです。このような検討を行いながら、不動産ファンドにとって最適な資金調達を行う事が財務担当の仕事です。

 

  • 不動産ファンドの財務には何が求められるか?

 銀行借入や社債に関する知識はもちろん必要ですが、何よりも金融機関から見れば、会社の顔とも言える存在です。ファンドの運営内容ももちろん重要ですが、「こんな人が財務担当をやっている会社が大丈夫か?」と言われるような人物では駄目です。多分に営業的な素養も必要ですし、誠実な人間が好まれます。資金調達に付随する業務として、格付機関との折衝等も重要な業務となりますから、格付け機関の格付け方法に関する知識や考え方を身に付け、格付けを良くする為にどのような取り組みをするべきなのか立案する能力も必要です。

 

  • 重要な業務のわりには

 不動産ファンドにとって生命線とも言える財務の仕事ですが、「銀行まわり」などと表現される事もあります。特に資金調達の頻度が少ない場合や、付き合っている銀行・証券会社の数が少ないケースでは、それほど負荷のかかる業務とは思われない事も多いようです。したがって、不動産ファンドの他の職種と比べて報酬もそれほど高くはありません。地道にコツコツやるタイプには向いているでしょう。所帯の小さい会社では、その他の業務(経理やIR)を兼務するケース等もあります。

 

本記事は2015/08/31の情報で、内容は不動産ファンド、不動産投資・再生業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

不動産ファンド、不動産投資・再生業界に関連する基礎知識

不動産ファンドTOP

  1. 不動産ファンドの転職動向

不動産ファンドの転職の基礎

  1. 不動産ファンドの年収相場
  2. 不動産ファンドの採用職種の分類
  3. 不動産ファンドの転職と資格

職種別の不動産ファンドの求人

  1. アクイジション・ディスポジション
  2. アセットマネジャー
  3. バリュエーション
  4. コンプライアンス
  5. ファンド経理
  6. 財務
  7. IR

条件別の不動産ファンドの求人

  1. 大手
  2. 外資系
  3. 残業が少ない

年齢別の不動産ファンドの転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する