ホテル業界のボーナス

業界:ホテル業界

697views

Bonus and Brick Wall in the Background

 

ホテル業界の利益率はどうなのか

 今回のテーマはホテル業界のボーナスについてなのですが、これを語るにはまずこの業界の利益率について見ていく必要があります。要するに、儲かっているかどうかという点です。儲かっていなければ良いボーナスは期待できないからです。

 

 これについては、売上高に対する純利益を見ていくことから始めたらよいのではないでしょうか。そのために、まずホテル御三家と言われる帝国ホテル、ホテルオークラ、ニューオータニの最近の数字を挙げてみることにします。(数値は2013年3月期のものを利用)

 

 <帝国ホテル> 売上高⇒516億円、純利益⇒22億円。

 <ホテルオークラ> 同⇒617億円、同⇒24億円。

 <ニューオータニ> 同⇒612億円、同⇒-53億円。

 

 以上となっていますが、帝国ホテルとホテルオークラがいずれも20億円台で、ニューオータニは赤字計上となっています。これでよくお分かりでしょうが、ホテル御三家と呼ばれる日本を代表するようなホテルでも利益はそれほど大きくないのです。

 

 一般的に日系ホテルは外資系に比べて利益率が低いと言われています。でも多くの人がこれほど低いと思っていなかったのではないでしょうか。ボーナスは純利益の額の応じて支給されるのが普通です。したがって純利益が低ければ支給額が低くなるのは当然のことです。

 

 こう考えると外資系などの例外を除けば、ホテル業界のボーナスはそれほど高くないことが分かります。具体的な数字を挙げると「年間4ヶ月程度」が一般的な支給額と言えるでしょう。

 

ホテル業界の年収はどうなのか

 それでは、ボーナスを含めた年収の方はどうなのでしょうか。ご存知のように、このところ外資系ホテルの進出ラッシュで、既存ホテルと相まって激しい顧客獲得競争が繰り広げられています。競争が激化すれば、勝ち抜いていくためには何としても売上を上げなければいけません。

 

 そのために必要なのは優秀な人材集めることです。したがって、新しく進出してきた外資系ホテルなどではヘッドハンティングやスカウトなどで既存ホテルのスキルの高い経験者に勧誘の手を伸ばしています。ということは当然のごとく従来より高い報酬を呈示するでしょうから、全体としてはホテル業界の年収を引き上げることになるはずです。

 

 しかしながら、ヘッドハンティングやスカウトの対象になるのはごく一部の経験者だけで、全体から見るとその比率は微々たるものです。したがって全体の年収を引き上げるところまではいかないのが現状なのです。

 

 こうした事情からも、ホテル業界の年収は他業界と同じようにここ10年間は大きく伸びておらず、大手だけ見ても平均年収ははずっと500万円前後で推移しています。これは、平均勤続年数が15年程度であることを考えても決して高い金額であるとは言えません。

 

高い年収やボーナスを望むのなら日系ホテルより外資系ホテルがおすすめ

 一般的に日本の企業は、欧米などの外国の企業に比べて利益率が低いと言われています。ホテルも例外ではなく、日系ホテルと外資系ホテルでは利益率に大きな開きがあるのが一般的です。つまり、外資系ホテルのほうが圧倒的に利益率が高いのです。

 

 理由は色々とありますが、最も大きいのは外資系ホテルは経営に直結する部門に特に優秀な人材を配置するからです。経営に直結する部門とはマーケティングやセールスなどです。この部門には例えヘッドハンティングやスカウトをしてでも、優秀な人材を集めようとします。この部門のスタッフは明けても暮れても、いつも営業成績を上げることに全力を傾けます。これが外資系ホテルの利益率が高くする大きな要因なのです。

 

 利益率が良いと当然社員に対する報酬も高くなります。ただ何ごとも実力本位であるのが外資系ホテルですから、誰もが高い報酬を期待できるわけではありません。したがって、会社の利益に貢献していない人は、例え高い利益が上がったとしても高い報酬が支払われる対象にはなりません。なので、ホテル業界で高い年収やボーナスを期待するなら、実力を磨いてから外資系ホテルの門を叩くことがメインストリームになります。

本記事は2015/08/25の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する