ホテル業界の現状について

業界:ホテル業界

1311views

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ホテル業界は三度目の激戦時代に突入か

 これまでの日本のホテルの歴史を眺めてみますと、競争が激化した時期は外資系ホテルの進出に伴った3度の節目がありました。1度目はバブル崩壊後の1990年代の初頭で、この時期にはハイアット、ウエスティン、フォーシーズンスなどの外資系ホテルが相次いで上陸してきました。この3つのホテルは後に「新御三家」と命名されています。ちなみにホテル御三家とは、<帝国ホテル><ホテルオークラ><ニューオータニ>の3ホテルを指します。

 

 2度目の節目はマンダリン、リッツカールトン、ザ・ペニンシュラなどが進出してきた2005年から2007年にかけての時期です。この3つの外資系ホテルのことを先に進出してきた「新御三家」に対して「新・新御三家」と呼ばれています。

 

 そして3番目の節目が、2013年12月に東京マリオットホテルが開業した現在なのです。東京マリオットホテルだけでなく、この他にもこれから開業を目指す外資系ホテルは目白押しに並んでいます。まずマリオットに続いて開業を目指すアンダース、続いてシンガポールに本拠を置くアマンリゾーツ、更に2年後にオープン予定の大手町の三菱地所のビルでも外資系ホテルの誘致が進んでいます。

 

 このように2020年の東京オリンピックに向けて、ホテル業界はいま第3次ホテル戦争とも言える激戦の時代に突入しているのです。

 

ホテル業界の売上規模はどれぐらいなのか

 ハッキリ言って現時点でのホテル業界全体の売上高を掴むのは簡単ではありません。その理由は、この業界の動きが非常に早いことと、外資系ホテルがたくさん含まれていて、その部分の数字が掴みにくいからです。

 

 とは言え、大まかな額は分かります。現在のホテル業界全体の売上高は、約1兆円と言われています。この中で一流ブランドの大手ホテルの年間売上高を個別に見ていくと次のようになります。

 

 <帝国ホテル> ⇒ 516億円

 <ホテルオークラ> ⇒ 617億円

 <ニューオータニ> ⇒ 612億円

 <藤田観光> ⇒ 604億円

 <ロイヤルホテル> ⇒ 454億円

 <阪急阪神ホールディングス> ⇒ 634億円

 (※数値は2013年3月期決算のものを使用)

 

 この数字を見る限り、日系大手ホテルの個別売上高は帝国ホテルを除けばいずれも600億円前後で拮抗しており、それほど大きな差はないようです。今後この横並び状態から一歩抜け出すのはどのホテルになるのでしょうか。

 

ビジネスホテルの勢力図はどうなっているのか

 ホテルといえばシティホテルだけでなく、ビジネスホテルを忘れることはできません。一言でビジネスホテルと言っても、店舗数や売上規模の点ではでは大手都市ホテルを上回るところもあるのです。

 

 例えば、全国のどの都市にも進出している<東横イン>ですが、このホテルの売上高は帝国ホテルやホテルオークラを上回る700億円にも達しているのです。もちろんこれができるのもチェーン数の多さがあるからで、このホテルの店舗数は実に250を超えています。

 

 この東横インを筆頭に、ビジネスホテル業界をリードしているのは次のようなホテルグループです。<ルートイングループ><スーパーホテルグループ><ワシントンホテルグループ><アパホテルグループ><ドーミィイングループ><共立メンテナンスグループ>。これらもまた、積極的に店舗展開を続けているビジネスホテルになります。

本記事は2015/08/25の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する