WEB制作会社のWEBプログラマーの求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

54views

SONY DSC

 

WEB制作会社のWEBプログラマーの求人

 WEB制作に携わる職種の中で、極めて専門性に抜きん出ているのがWEBプログラマーです。WEBデザイナーがデザインを組み立て、HTMLコーダーがコーディングをしてサーバー上にアップすればWEBサイトは完成します。しかし、そこに閲覧者が利用できる何らかのサービスを加えたい場合、WEBシステムのプログラミングをするのがWEBプログラマーです。WEBエンジニアやアプリケーションエンジニア、フロントエンジニア、などさまざまな名称で呼ばれています。

 

  • 求人の内容は会社によりけり

 一口にプログラミングといっても、その内容は多方面に及びます。WEBシステムにはブログやTwitterなどのSNSサービスや、ネットショップのショッピングカート、企業の顧客管理システムやゲームのアプリなどさまざまな種類がありますが、WEBプログラマーにそのすべてに精通したスキルを求めるWEB制作会社はあまりないです。求人の内容にも「システム保守」「営業支援システム」「スマホ向けアプリ開発」といった具体的なキーワードが挙げられていますので、自分のスキルに見合った応募が可能です。

 

 WEBシステムを作るためのプログラミング言語も目的によってさまざまなので、求人の応募資格も多種多様です。PHP、Perl、Ruby、Java、などの需要が高いようですし、その他にもいろいろな言語が挙げられますが、実際は1種類の言語が使えれば良しとする求人も多く見受けられます。

 

  • WEBプログラマーは希少な存在

 WEB業界全体が人手不足の傾向にある中で、WEBプログラマーはもっとも人材難の職種です。それは、プログラマーの絶対数が足りないことに起因しています。プログラミング言語を学んで実践できるようになるまでは数年かかりますし、他にもセキュリティやサーバー構築など広範囲の知識が必須です。

 

 さらにWEBサイト上で動くシステムを作るわけなので、HTMLやCSSのコーディング知識もある程度は必要です。よって他職種に比べてWEBプログラマーになるのは難しく、その分希少価値な存在です。

 

  • 若年層の方がニーズが高い傾向

 短期間で複数の案件を同時に抱えるWEBプログラマーには、体力とスピードが要求されます。そのため、若年層でなければ厳しいという意見も多いです。表向きには年齢不問とあっても、企業側が欲しがる人材は20~30代が多いようです。実際に、40代の人が求人に応募しても、面接まで辿りつくのはごくわずかだという話もあります。

 

 また、WEBプログラマーは不慮の事態がつきものの職種です。サーバー上やプログラム内で予期せぬエラーが発生すれば、解決するまで残業なんていうのも日常茶飯事です。休日出勤も多いところは多いです。当然、体力が続かなくなる年代の離職率は増える一方ですので、その辺が人材不足の根本的な要因ともいえるでしょう。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する