女性の造園工の勤務・転職事情

職業:造園工

587views

imasia_9940714_M

 

女性造園工の正社員の求人は?

 2000年頃までは正社員の女性造園工は殆どいませんでした。造園工は体力も要るので、経営者も男性の仕事として考えがちだったのです。しかしここ最近は、女性を採用している会社も見られます。求人票には女性不可との記載がありませんので、実際に応募してみなければ経営者の募集要件が分かりません。面接の時は、造園の仕事がしたいと強くアピールすることが大切です。応募者の熱意が経営者に伝わって雇用されるケースは多々あります。

 

 一方で、草取りなどのパート的な仕事は女性の方が採用されやすいです。しかし、草取りの時期は主に夏場のみで、その期間しか仕事がありません。

 

  • 最近では女性造園工の正社員も増えている。仕事への熱意をアピールすることが大切。草取りなどのパートは寧ろ女性の募集が多い。

 

女性造園工が注意すべき点

  • トイレの場所を探しておく

 男性ならば隠れて済ませることも出来ますが、女性は出来ません。現場の近くにコンビニや公園のトイレがあるかを確認しておくと良いです。

 

  • 体力を使う・汚れる仕事が多い

 重い物を運ぶ際は、他の男性陣が運んでくれることが多いので心配ありませんが、掃除の際に枝を運ぶ時は10キロ以上の重さになることもあります。多少の力仕事はしなければならないので、力仕事が得意で体力に自信のある人が向いています。

 

 また、土をいじる仕事をしていなくても結構汚れます。木にはほこりが溜まっており顔につくこともしばしばです。また犬や猫のフンに気付かず踏んでしまうこともまれにあります。汚れることが嫌いない人には向いていません。

 

  • 虫が多い

 植木には毛虫がいて、皮膚に猛烈な痒さや痛さを与える毛虫もいます。また蜘蛛の巣は必ずと言っていいほど見かけますし、時には蜂退治もしなければなりません。虫が苦手と伝えておけば多少は男性陣がフォローしてくれるはずですが、虫に遭遇する確率は極めて高いです。虫嫌いの人には向いていない仕事です。

 

  • 有給はまず使えない

 休日は、日曜、祝日、お盆休み、お正月休みですが、祝日も会社によっては出勤のところがあります。また有給休暇の取得はしづらく、あってないようなものと考えておくべきです。例えば友人と旅行に行くので2、3日休みたいなどとは気軽に言えません。基本的に休日は日曜日だけなので、有給を活用したい人は向いていません。

 

  • 力仕事や汚れる作業が多く、日曜以外に自由に休むのは難しい職業。

 

女性造園工の仕事内容

 仕事内容は男性と変わりません。始めは見習いですから、剪定作業であれば剪定した枝の片付けや掃除ですし、材料業者であれば植木掘りです。造園会社なら、材料の運び屋や道具取りを任されます。男性が多い職場のため女性を大切に扱ってくれる会社が殆どで、みな親切に指導してくれるはずです。庭に興味のある女性は造園工に応募してみると良いです。

 

  • 仕事内容は男性と変わらず、最初は見習いとして片付けや掃除、材料運びなどを行う。

 

本記事は2015/08/21の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する