造園工の正社員・契約社員

職業:造園工

214views

imasia_13234344_M

 

造園工の正社員の特徴

  • 給料と残業代・賞与

 月給制か日給制かは会社によって違います。求人票に給料について記載されているので必ず確認しましょう。月給制か日給制によって月収が変わってきます。

 

 月給制の場合は雨の日でも出勤のことが多いです。現場に行かなくても、機械や道具のメンテナンス等を行います。残業代と休日出勤代は月給制であれば大抵支払われます。一方日給制の場合、雨の日は暇な時期であれば休みになることが多いです。また、半日で作業が終了した場合、日給が半分になることもあります。日給という考え方から、時間外の作業をしても残業代をもらえないこともあります。

 

 給料の考え方は会社によって様々で、例えば会社都合で休みとなった時、会社都合のため減額しないところもあれば、きっちりと減額する企業もあります。大抵は説明があるはずですが、給料は最も大切なところなのでしっかり確認すべきです。賞与は小企業の場合は正社員であってももらえないと考えておいた方が良いです。賞与がある場合は1ヵ月~2ヵ月分くらいが相場です。

 

  • 勤務時間・休日

 勤務時間は、8時~17時と規定している会社が多いですが、現場によって出勤時間が異なります。休日は、日曜・祝日・お盆とお正月です。月給制の会社で平日が雨で休みになった時は、代わりに日曜日が出勤になる場合もあります。

 

  • 福利厚生

 社会保険、雇用保険、厚生年金に加入している会社としていない会社があります。これらに加入していなければ、各自で国民健康保険や国民年金への加入が必要となります。失業した際にも失業給付金を受け取ることが出来ないので、加入状況の確認は必須です。造園会社では社保に加入していない所も多いですが、社保の方が安く済んで経済的です。正社員であれば社保に加入している会社を選んだ方が良いです。

 

  • 正社員でも日給制の場合が多く、雨天時や閑散期、残業時の扱いが違うため入社前に必ず確認を。社保未加入の会社もあるので注意が必要。

 

正社員と契約社員の違い

 給料面では契約社員でも正社員と変わりません。ただし契約社員ですので、雇用期間が決められている点は注意が必要です。造園工ではあまり無いですが、契約更新されない場合もあります。また、契約社員は賞与が出ないことが多いです。契約社員から正社員への登用はありますが、働くのなら始めから待遇の良い正社員を選ぶべきです。

 

本記事は2015/08/21の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する