中国語・韓国語を活かせるホテルの求人

業界:ホテル業界

199views

imasia_11814329_M

 

外国人訪問者が増えている理由は?

 つい最近のことですが、日本を訪れる外国人の数はついに年間1,000万人を突破しました。これは凄いことと言えるでしょう。なぜなら、日本の人口が約1億3,000万人ですから、その13分の1もの外国人が日本を訪れていることになるからです。

 

 これだけ多くの外国人が訪れるということは、まさか国内旅行のように日帰りする人はいないでしょうから、それだけホテルの宿泊客が増えることになります。それでは、訪日旅行者が増えた原因は何なのでしょうか。

 

 その原因は二つあります。その1つ目は国の観光政策です。つまり、外国人観光客獲得に力を入れ始めたからです。その効果が最近になって出始めてきたのです。2つ目の原因はこのところ急激に進んだ円安です。円安になると、外国人が日本でお金を使うと何でも安くつくようになります。ホテル代にしてももちろんで、これがインバウンド増加を後押ししています。

 

日本を訪れる1,000万人のうち、実に60%もが中国語圏からの人たち

 日本を訪れる年間1,000万人の人々はどのような国々からやって来ているのでしょうか。欧米、中東、アジア、と世界中から人々が集まってきていますが、その中で最多なのがアジアの中の中国語圏からの人々です。なんと母国語として中国語を使う人々が60%を占めています。

 

 ということは、日本を訪れた1,000万人が全てホテルに泊るとすると、ホテルの客のうち10人中6人は中国語圏の人ということになるのです。日中関係がそれほど芳しくない今でさえこうなのですから、今後関係が改善すると、この数は更に増えることが予想されます。

 

 ホテルにこれだけ中国語圏の客が増えるということは、いったい何を意味するのでしょうか。そうです。中国語の必要性が高まるのです。つまり中国語のできるスタッフのニーズが高まるのです。

 

 昨今では世の中は次第にグローバル化の方向へ進んでいますから、外国語に対する人々の関心は以前よりかなり強くなっています。とは言え、その対象は圧倒的に英語が多く他の言語へはあまり関心が集まっていません。同じ肌の色の中国や韓国の言語に対してはこの傾向は一層強いようです。したがって、今のところ年を経るごとに高まっているニーズにはまったく追いついていないのが現状のようです。

 

 そこでホテル側は仕方なく日本に来ている留学生などに応援を仰がざるを得ない、というのが現状となっています。現在のホテルでは中国語ができるスタッフが喉から手が出るほど欲しいのです。

 

韓国語ができるとこれからのホテルの求人には対応しやすくなる

 ホテル客で今後増加が予想されるのは中国人だけではありません。お隣の国である韓国人の増加も今後大きく期待できます。海外旅行で比較的高くつくのが航空運賃ですが、今は格安航空会社の登場で近隣諸国への運賃は格段に安くなっています。したがって、日本への航空運賃が最も安い国の一つが韓国であることを考えれば、今後日本を訪れる韓国人は大幅に増えることが期待できるのです。

 

 ということは中国語と同じように、韓国語もまたホテルでニーズの高まる外国語の一つになることが容易に予想できます。韓国人客が爆発的に増えるのは、恐らく東京オリンピックの時と言われています。それまでにはまだ数年あります。就職先としてホテルを目指す人には、韓国語の習得も一つの選択肢の一つになるでしょう。

本記事は2015/08/20の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する