英語力を活かせるホテルの求人

業界:ホテル業界

178views

Staff greeting guests in Asian hotel

 

ホテルを志願するのは英語力が活かせるから

 就職や転職の志願動機は職種によっていろいろでしょうが、ホテルで最も多いのが<外国語を活かせる>という動機であると言って間違いないでしょう。こうした傾向は以前からあったのですが、グローバル化が叫ばれる昨今では、更にそれが強くなっているようです。

 

 今や日本を訪れる外国人は年に1000万人という時代ですから、街を歩いていても外国人の姿を見ることは珍しくありません。しかし、一昔前はそうでもありませんでした。しかし、その当時でもあるところへ行けば必ず外国人に会える場所がありました。それがホテルなのです。なぜならホテルは日常的に外国人が集まる場所だからです。外国人と言えば使われるのは外国語、その中で圧倒的に多いのが国際語である英語なのです。

 

 したがって、英語学習者にとってホテルは実力を試す絶好の場所なのです。ましてやホテルを職場として選べば、いつも外国人に接することができますから、ホテルは外国語の訓練には最適な場所とも言えるのです。

 

外資系ホテルのマネージャークラスの求人では高度な英語力が必須条件になる

 外国人客の多いホテルでは語学力が必要なことはよく分かります。つまり外国語ができないと外国人の接客ができないからです。では、外資系のホテルでは更に高度な英語力が必要になるのはなぜなのでしょうか。その答えは簡単です。外国語で対応する相手がお客だけではないからです。

 

 外資系ホテルには外国人スタッフが多くいます。特に経営陣にはその数が多くなっています。つまりCEO(最高経営責任者)やCOO(最高執行責任者)などは全て外国人のケースがほとんどです。そして、こうした人達が日本語が堪能かと言えば、決してそういうこともないのです。ある程度理解できたとしても職場での日常業務に使われるのは英語です。

 

 ということは業務の連絡はすべて英語を使って行われることになるのです。要するに、職場にいるときは常に英語に取り巻かれているのです。しかも必要になるのは会話力だけではありません。というのも、外資系企業は日本の企業に比べて会議が少なく、業務上の連絡の多くは文書で行われるのが一般的だからです。したがって文書を読む力と書く力も必要になるのです。こういった理由で外資系ホテルが求めるのは会話力だけではなく、読み書きを含めた総合的な英語力なのです。

 

 つまり、一般的な日本の会社の社内公用語が日本語であるように、外資系ホテルの社内公用語は英語なのです。これを聞けば外資系ホテルのマネージャークラスに高い英語力が要求されることがよく理解できるのではないでしょうか。

 

外資系ホテルの社内公用語は英語です

 上にも書きましたたように外資系ホテルの経営陣は外国人で占められているのはごく一般的なことです。もちろん日本語ができる人もいますが、社内では英語が使われるのが一般的です。したがって、業務連絡はすべて英語で行われます。つまり打合せためのミーティングも、業務の連絡文書もすべて英語で行われるのです。

 

 外資系ホテルを目指す人たちには英語力が活かせるからという志願動機をあげることが多いのですが、案外会話力だけを重視していて、読み書きを含めた総合的な英語力が必要だと言うことに気づいていない人もいます。

 

 しかし、それでは面接の段階でアウトになること間違いありません。外資系ホテルを目指す人はこの点を忘れてはいけません。特に英語による社内文書の読み書きの訓練は欠かせません。

本記事は2015/08/20の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する