法務のアルバイト・派遣

職業:法務

62views

SONY DSC

 

基本的には少ないが士業事務所などである場合

 基本的には、法務業務そのもののアルバイト・派遣は少ないです。理由は法務業務の特性上、単発の単純作業的なルーティン業務はあまりないからです。さらに、法務業務は機密性のある業務が多いため、短期勤務の雇用者には馴染まないということもあります。

 

 しかし、将来、法務業務がしたいとか、さらにその先の司法試験を視野に入れて、少しでも法務業務に関連した仕事をしたい言うことであれば、アルバイト・派遣の仕事はあります。

 

 例えば、最も法務業務に近い仕事が、司法書士、弁護士、行政書士、社会保険労務士が開業する法務事務所のアルバイト・派遣業務です。これらの事務所では提出書類作成からちょっとした調べ物、そして所轄官公庁へ出向いての仕事など、顧問先の会社から依頼事項に対して煩雑な事務・雑務作業が発生します。

 

 本来は大事な仕事なので、士業の先生自身がするのですが、立て込んで来たり、またいくつもの顧客を抱えた大きな事務所ではアルバイトや、派遣社員を雇う場合が多いです。その他、特許事務所、不動産鑑定士事務所、税理士事務所などその他の士業の事務所も同様です。

 

 しかし、仕事の内容的には法務業務とはいうものの、単なる書類の記入や整理レベル、また法務局へのお遣い的な仕事がほとんどです。たまに、法務業務補助としっかり位置づけ、将来の正社員登用も視野に置いた求人もあります。

 

  • 将来に向けて、少しでも法務業務に関連した仕事がしたいという事であれば、アルバイト・派遣の仕事はある。

 

公的機関で各種証明書発行や窓口業務のお手伝い

 公的機関でのアルバイトや派遣の仕事もあります。たとえば、法務局は公的機関ですが運営を委託会社に任せている場合があります。単純な各種証明書、印紙の発行や、窓口に立って法務局サービスの概要を説明案内などの仕事はアルバイト、パート、派遣に任せています。

 

 それが法務業務かどうかは別にして、逆にいえば、企業の法務業務のうち法務局との関わりが大変多いのですが、その申請や登記で必要なものがなんであるかといった基礎知識は自然と覚えられることになります。

 

  • 公的機関の法務局サービスは、法務局の基礎知識を自然に覚えることができる。

 

語学力を生かしたアルバイトや派遣の業務

 一般企業でのアルバイトあるいは派遣で、少し特殊になりますが法務業務があります。それは、語学力を生かした契約書等の翻訳です。アルバイトより派遣、あるいは紹介予定派遣での求人があります。たとえば外国語の契約書は、その国のお国柄を反映して、契約書に癖があります。単なる和訳にとどまらず、注意して文脈を読み込む能力が必要で高い語学能力が必要です。

 

 海外での特許申請も、語学力はもちろんですが、当該国での特許事情を理解して業務を行います。その意味では単なる翻訳者ではなく、海外法務業務と言えます。

 

 頻度が多い場合は正社員として配置しますが、単発的な仕事として翻訳プラスα的な程度だと、派遣社員での契約の方が馴染みます。また、力量を見るために一旦、紹介派遣契約をして先々の社員転用を見極める場合もあります。

 

  • 語学力を生かした契約書等の翻訳は、単なる翻訳者ではなく海外法務業務と言える。

 

本記事は2015/11/12の情報で、内容は法務としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する