造園工と他職種との関係

職業:造園工

295views

imasia_12406387_M

 

土木屋との関わり

 マンションなどに植木を植える際には、大抵の場合土木屋(マンション敷地内の舗装業者)と関わります。その理由は、植木を植えるタイミングと舗装を行う作業がほぼ同時に行われるためです。よって、仕事がお互いスムーズに進むように土木屋とコミュニケーションを取る必要があります。同じ場所を作業する場合は譲り合いが必要です。

 

  • マンションの植栽などでは土木屋と同時期に作業をするため関わりが多い。

 

建設会社との関わり

 建築会社からの依頼によって、新築の建物に庭を造る時や植木を植える際に関わりがあります。まず、建築会社から造園工事や植栽工事の見積もり依頼が入り、工事内容を整合し、工期に間に合うように作業を進めます。建設会社と関わる際に特に必要なことは、現場監督とのコミュニケーションです。いつから現場に入れるか、仕事をどのように進めるかなど、仕事を円滑に進めるために現場監督と打ち合わせを行う必要があります。

 

  • 建設会社からの依頼で作業をする際は、現場監督とのコミュニケーションが必要になる。

 

建築士との関わり

 庭を造る業務の時に建築士の人と関わることがあります。家のデザインに合わせ、建築士の意見を聞きながら庭の設計を行います。建築士と関わる場合は、植木の配置や植木の高さ、垣根の種類は何にしたら良いかなどの専門的な事を相談されます。そして、建築士の人のイメージに合った庭造りをしなければなりませんので、造園についてある程度知識が必要です。

 

  • 建築士のイメージに合わせた庭を造るため、造園の専門知識が求められる。

 

 

役所との関わり

 公共事業を取り扱う場合は、必ず役所と関わりがあります。受注が入った場合、担当者に工期と作業内容、作業場所を確認します。役所の担当者は現場に来ることは殆どないため、作業場所(どこの街路樹、またはどこの公園を作業するのか)の確認が一番大切です。公共事業の場合は、作業終了後に書類の提出が必要です。提出内容は工事前、工事中、工事後の写真などです。作業が滞りなく進むよう、担当者との連絡を密に取ることが大切です。

 

  • 公共事業の場合は役所との関わりが必須。作業場所や内容、工期をしっかり確認する。

 

レンタル業者との関わり

 パワーショベルなどは自社で保有するよりも借りた方が安いため、造園会社はレンタル業者と付き合うことも少なくありません。レンタル業者との関係はこちら(造園会社)がお客という立場なので、特に気を使う必要が無いと思いがちですが、使用したい時に機械がレンタル中という場合があると作業の進行に支障が出ます。よって、機械をレンタルする場合、予め使用する日が分かる時は使用する機械を前もって予約しておく必要があります。

 

  • 建設機械のレンタル会社と関わることも。機械の使用は事前に予約して作業が滞りなく進むようにする。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する