ハウスメーカー設計職の求人

業界:ハウスメーカー

121views

imasia_5677231_M

 

ハウスメーカー設計職の求人

 ここでは「営業設計」「リフォーム設計」「CADオペレーター」「インテリアコーディネーター」の4つに分類してまとめてみます。

 

  • 営業設計

 新築向けの設計を行う職種で、二級または一級建築士免許が必須です。経験者や建築知識のある人材を優先的に採用しています。建築知識はもちろん設備仕様や意匠的技術も求められる、ハウスメーカーの中で最も専門性の強い職種です。制限のある土地や申請関係にも関わりますので、常に新しい情報を知っていなければなりません。判断力や効率的な仕事力が求められます。

 

  • リフォーム設計

 リフォーム営業の受注案件やリノベーションなどに携わります。営業設計と同じく建築士免許が必須で、経験者を優先的に採用しています。また、ハウスメーカーによっては木造やコンクリート造、住宅、マンションなど様々なリフォームを受注することもあります。また、営業設計がリフォーム設計も兼ねているメーカーもありますので確認が必要です。

 

  • CADオペレーター

 経験や建築知識はあるが建築士免許がない場合は、顧客へ重要事項の説明などを行ってはいけないと法律で定められています。まずはCADオペレーターとして採用され、設計助成に携わりながら免許取得を目指します。仕事内容としては営業・リフォーム設計の図面修正がメインです。

 

 実はCADオペレーターはハウスメーカーが最も欲している内勤職でもあります。大手や中小に関係なく、受注件数の多いメーカーは設計が図面を修正するまで手がまわっていません。建築士免許を持っていなくても、縁の下の力持ちのような役割が得意、効率よく様々な仕事を同時にこなせる、といった人材が求められています。いずれは建築士免許の取得を確約することが重要です。

 

  • インテリアコーディネーター

 ハウスメーカーに欠かせないのがインテリアコーディネーターです。顧客と営業設計の間に入って住まいのコンセプトや設備・壁紙・家具などの提案を行います。幅広い商品知識はもちろん、センスが求められる職種です。

 

 面接では今までに携わってきた施工プランのプレゼンを求められる場合もあります。インテリアコーディネーター資格所有、またはコーディネーター経験、またはその両方が求められます。女性が多く活躍しており、営業設計やCADオペレーターと兼務できる場合は強いアピールになります。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容はハウスメーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ハウスメーカーに関連する転職者の声

  1. ダウンロード 一度は諦めた転職活動、同じ住宅業界でも憧れの企画職に!
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する