造園工の転職と志望動機・自己PR

職業:造園工

1988views

imasia_15222712_M

 

造園工の志望動機

 志望動機は、経営者が一番転職者に聞いてみたい内容です。造園工も職人です。多くの職業がある中でなぜ自分が造園の仕事をしたいのか、自分の造園に対する意気込みを熱く語りましょう。難しく考える必要はありませんので、造園の仕事をしたくなった理由を素直に述べれば良いです。幾つか具体例を挙げて説明します。

 

  • 具体例①

 「私は今まで約5年間事務職をしていました。事務職ですと一日を部屋の中で過ごすことが多く、窓の外から見える植木を見て外で働く仕事がしたい、自然を相手にする仕事に携わりたいと思い志望しました。」

 

<解説>

 公共事業取扱い業者、個人邸専属業者、材料業者を志望する際の志望動機は、上記のようなことを書いていれば問題ありません。

 

  • 具体例②(造園業者の場合)

 「先日、料亭○○を訪れる機会がありました。そこは各部屋に庭園が設けてあり、食事もさることながら、部屋から見る庭が風情がありとても感動しました。私も将来、お客様が感激して下さる庭を造ってみたいと思い志望しました。」

 

<解説>

 造園を志望する場合は自然が好きだからという動機ではなく、造園工を志望するきっかけとなった事例を挙げた方が、経営者にやる気が伝わります。

 

 面接時を想定していますが、履歴書に志望動機を記載する際も、上記の具体歴を参考に記載すれば良いです。

 

  • 造園への熱意や目指すきっかけを素直に伝えれば良い。

 

造園工の自己PR

 造園工は体力が必要な仕事ですから、まずは体力に問題が無いことを強調しましょう。具体例を挙げて説明します。

 

  • 具体例①

 「私は高校まで野球部に所属していました。高校を卒業してからも草野球チームに入り、夏の炎天下の中で練習することもありますので夏の暑さには負けません。」

 

  • 具体例②

 「私はランニングが好きで、休日になると毎日1時間ほどランニングを行っております。地元のマラソン大会などでハーフマラソンに参加もしており体力には自信があります。」

 

  • 具体例③(経験者の場合)

 「私は5年間造園工の仕事をしていました。造園工として刈込、剪定の作業経験はもちろん、小型移動式クレーン、玉掛、車両建設機械運転者の免許を取得しております。この経験を御社で活かせたらと思い志望しました。」

 

<解説>

 経験者は、自分が経験した内容と、資格を所持している場合は記載すると良いです。資格をアピールすることで経験があることが証明されます。作業経験を長々と記載しても、各企業により求められるレベルは変わってきます。実際に自分の作業を見られた時、親方に自分の腕がどのくらいなのか見破られてしまいますから、自分がやってきた作業内容はシンプルで構いません。

 

 具体例を挙げましたが、自分をプラスにアピールできるよう、長所などを中心に説明すると良いです。

 

  • まずは体力に問題がないことをアピール。経験者は資格があれば記載する。過去の経験内容は長々と書かずシンプルに記載した方が良い。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する