ハウスメーカーの転職動向

業界:ハウスメーカー

462views

imasia_7741533_M

 

他業界からの転職

 ハウスメーカーへの転職は「即戦力採用」が多いです。他業種からハウスメーカーへの転職は、即戦力が求められるためそこまで多い事例とは言えません。

 

 ハウスメーカーで重要なのは顧客へのアプローチから契約までの仕事のスピード、コミュニケーション力、判断力、さらに幅広い分野の知識です。前職が他業種だと、いざハウスメーカーへ転職しても覚えることが多すぎて実際に仕事がこなせるようになるまでにかなりの時間を要してしまいます。前職が営業職だとある程度は対応できるかもしれませんが、全くの未経験かつ建築知識もなければハウスメーカーへの転職はかなり難しいでしょう。

 

 実際に面接でも、営業職を希望した場合は細かく職歴や実績を尋ねられます。内勤(総務や設計など)を希望する場合も同様に、建築知識の有無は必ず尋ねられます。特に設計職での転職は、資格の有無や大学での専攻なども関係してきます。

 

  • 他業界からハウスメーカーへの転職は相応の経験や資格が求められるので敷居は高い。

 

業界内から業界内への転職

 ハウスメーカーの転職で最も多いのが、業界内から業界内への転職です。中途採用で入社する人のほとんどが前職も同じ業界だということが多く、即戦力にもなるため、入社してすぐに配属先の部署で仕事を任せてもらえます。特に営業職は研修期間がほとんどないままに営業を始めることも多いです。

 

 ハウスメーカーは、メーカーごとに家の構造や特徴が異なります。しかし、それさえ覚えてしまえば、契約までの流れなどはどのメーカーもほぼ同じなので、転職してもすぐに仕事に馴染めるという点も強みになります。また、設計職や工事職でも同様に、経験が少しでもあればまずは補佐として上司につき、営業職と同じくその会社の特徴や商品を覚えれば、入社年数に関係なく仕事を任せてもらえます。

 

  • 営業や設計など職種を問わず、業界間での転職が一番メジャーなケース。

 

業界外への転職

 ハウスメーカーでの経験年数が長ければ長いほど、他業界でも対応できる力が身に付きますので、転職では非常に有利です。

 

 理由の一つとして、ハウスメーカーでは顧客へ対してだけではなく社内営業も必須だからです。顧客へのアプローチから契約、お引渡し、アフターフォローまでに、営業・設計・積算・総務・工事など様々な部署の人間が係ります。自分がどの部署にいても他部署との連携が必要不可欠であり、どの部署でも柔軟かつ迅速な対応と的確な判断力が必要になります。その力が身についていれば、どの業界へ行っても対応していけるでしょう。

 

 特にハウスメーカーの営業職は、全く異なる業界からも人材として求められるケースが多いです。「家」という一大決心が必要な高額なものを販売する営業スキルを身につけているわけですから営業職としてはニーズがあるのでしょう。

 

  • ハウスメーカーでのキャリアは他業界でも活かせる場合が多く業界外への転身も多い。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容はハウスメーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ハウスメーカーに関連する転職者の声

  1. ダウンロード 一度は諦めた転職活動、同じ住宅業界でも憧れの企画職に!
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する