信用金庫とボーナス

業界:信用金庫

2919views

Bonus and Brick Wall in the Background

 

信用金庫のボーナスの金額の相場

 経営が安定している信用金庫であれば、年間で基本給の5~6か月分程度のボーナスが見込まれるでしょう。一例として民間企業における2014年冬のボーナス額の平均は37万4000円程度なので信用金庫ではその水準より上の支給があるところが多いと言えるでしょう。

 

信用金庫のボーナス支給の傾向

 転職をするうえで、給料と共に気になるのはボーナスの金額です。給料や退職金と同様に、ボーナスにおいても信用金庫それぞれに規程があり、多少の差がありますが、その職員数や規模などが同等である一般中小企業と比較すると、高額な支給を得られると考えて良いでしょう。

 

 信用金庫のボーナスは各々で算定の方法が違いますし、経営基盤の盤石さや業績によって支給額には多少の開きがあります。支給の時期も夏季や冬季だけでなく、年度末に期末賞与が支給される信用金庫もあります。しかし、どの職員も一定の支給という信用金庫は少なく、本人の評価や実績はもとより、配属している店舗自体の成績にも左右されるのが典型的です。

 

 ボーナス支給額がその年の業績に大きく左右されるのは言うまでもありませんが、景気に左右されやすい一般企業では良く耳にする、ボーナスのカットといった心配は少ないと考えられます。公務員ほどの安定はないものの、公務員に限りなく近い、安定した収入・ボーナスは約束されるでしょう。

 

 またボーナスの金額は年功序列制度のように年々アップしていく傾向にあります。ただ役職定年制度がある信用金庫の場合、一定の年齢に達して役職を解かれるまでの間はボーナスも上がり続けますが、役職を解かれると月給が下がるので、連動してボーナスも下がることになります。もし自分自身の頑張りによって役職定年に掛からず役員待遇等になったとしたら、退職するまで上がり続けることもあります。

 

  • 信用金庫のボーナスは本人評価や配属店舗の業績などにより左右されるケースが多いが、いきなりボーナスがなくなるような大きな変動の心配は少ない。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は信用金庫での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する