信用金庫の転職と資格

業界:信用金庫

771views

imasia_2250353_M

 

信用金庫の転職で資格は重要

 信用金庫への転職者は金融機関を経験者が多く見受けられます。どのような業界でも即戦力となる人材が求められますし、金融商品の知識があるだけでなく、資格がないと販売できない商品などもありますから、必然的に経験や資格のある方が優遇されます。

 

 金融機関の形態は保険会社や証券会社、ノンバンクまで含めると多様に存在しますが、預金と融資のみを取り扱っていた信用金庫でも金融の自由化以降、保険商品や投資信託に力をいれるようになり、そういった商品に付随する資格も採用の大きなポイントになってきました。業務の経験が重視されてきた採用の基準において、保有資格の比重が高くなってきたといえるでしょう。

 

総合職の場合の「資格」

 総合職の採用には、企業の発展や成長のサポート、または個人の資産運用や融資提案などによるライフプランニングの能力を求められます。転職時も割と即戦力採用の傾向があります。

 

 資格で見ると、実務に関わりの深い、中小企業診断士、宅地建物取引主任者、社会保険労務士、日商簿記検定1級などの資格保有者は、信用金庫では採用に有利に働くうえ、入庫後も資格手当などで優遇する信用金庫が多々あります。希少な存在としていずれは経営の中枢を担う立場に抜擢されるチャンスもあるでしょう。

 

 その他に、証券外務員資格1種、ファイナンシャルプランニング技能士1級、日商簿記検定2級、証券外務員資格2種、ファイナンシャルプランニング技能士2級は保有者がそこそこいるとはいえ、採用には有利に働くといって良いでしょう。

 

  • 金融業界からの転職であれば前職での実績は当然ながら、保有している資格もスキルを測るための重要な判断材料に。

 

一般職の場合の「資格」

 一般職の需要は、営業店の内部事務のみならず、本部における内部事務または専門部署、例えば集金専門員や年金獲得専門員、事務センターのオペレーターなど各信用金庫によって様々にあります。採用に有利に働く資格は業務内容によって若干の違いはありますが、ファイナンシャルプランニング技能士は全てにおいて通用する万能の資格といえます。

 

 では、業務内容によって具体的に有利な資格はというと、営業店内部事務、本部内部事務、専門部署と、順に挙げていきましょう。

 

  • 営業店内部事務

 営業店では、店内における全ての内部事務を行うことが想定されますから、窓口サービス技能士や証券外務員の資格が特に有利に働きます。

 

  • 本部内部事務

 本部における内部事務は、収益を上げる本業の業務とは異なり、信用金庫本体の運営となりますので、金融商品に関係のある資格より、秘書技能検定や日本英語検定などが有利といえますし、事務センターのオペレーターであれば、スピード検定などのパソコン関連の資格が有利です。

 

  • 専門部署

 信用金庫によって独自に置かれる専門部署でいうと、集金専門員や年金獲得専門員などが多く見受けられますが、このような専門員は担当地域を与えられて、 個々に活動するケースが多いため、実務的な資格よりも本人の適性が重視されるでしょう。また、交通の便が良い都市部の信用金庫を除けば普通自動車免許が必 須と考えたほうが良いでしょう。

 

  • 担当職種によって求められる資格は変わるが一般職でも資格は重視される。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は信用金庫での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する